ガンへの効果、効能

癌について

癌というのは、普通の正常な細胞が、何かの原因で遺伝子が傷つけられて、発生する変異細胞です。


人間のからだは、小さな細胞がたくさん集まってできています。細胞の大きさは、およそコピー用紙1枚の厚さの10分の1くらい(約10マイクロメートル)で、肉眼でやっと見えるか見えないかほどの小さなものです。1人の人間には、その小さな細胞が地球の全人口とおなじ60兆個も集まってできています!


その60兆個のどの細胞の中にも同じように細胞核があります。この細胞核の大きさは、とても小さくて数ミクロンと言う大きさです(1ミクロンは千分の1ミリ)。この数ミクロンの細胞核の中にDNA(遺伝子)が収められています。


DNAというのは、らせん状にねじれた長いハシゴのような形状で、数ミクロンの細胞核の中に折りたたんでしまわれています。もし、このDNAをほどくと、およそ1メートルほどの長さになります。


わずか数ミクロンの細胞核を、野球のボールに例えるとDNAは2万メートルもの長さになります。フルマラソンの半分もの距離です。そんな長い紐が、からまったりしないで野球ボールの中に収まっているのです。


信じられないような話ですが身体の一つ一つの細胞の中に実際に存在するのです。そんな小さな小さな世界のできごとなのです。


さて、顔のひふの細胞も足のツメの細胞も同じ遺伝子を持っていますが、顔のひふの細胞はDNAの情報の中から顔のひふの細胞として必要な部分だけを使うようにプログラムされます。



足のツメの細胞もそうですし、体のどこの細胞も、とてもたくさんある遺伝子情報の中から自分が必要な部分だけをコピーして使うようにしています。


野球のボールに例えると20キロメートルもあるような大きな情報の中から、必要なところを探すのですから、人間にたとえるとヤフードームのような広いスーパーで探すようなものです。


細胞が分裂して新陳代謝が行なわれる時は、DNAの情報がそっくりコピーされるわけですが、この必要とする情報というのは、全てのDNAの情報の中で約10%~20%ほどだとされています。


正常な状態であっても、こんなにたくさんの情報ですから時には必要な部分のコピーを間違えてしまうことがあります。


このような細かな作業ですから、間違いは必ず起きるものと私たちのDNAはちゃんと分かっていて、間違いがある場合はこれを切り貼りしたり、必要箇所の再コピーなどの修正をしたりする機能を備えています。


生命のメカニズムがいまだに解明されていないはずです。とても神秘的な話ですね。


もし、この切り貼りや小手先の修正が効かない場合は、DNAの修復メカニズムという機能の出番です。

この修復メカニズムでもダメな場合は、細胞自体を抹殺しなければなりません。それが細胞の自殺(自己崩壊)で、アポトーシスと呼ばれるものです。

しかし、私たちの身体のなかには60兆個も細胞があるので、健康なふつうの状態でも、1日におよそ2千~6千個の変異細胞が生まれると考えられています。


さらに人工的にDNA(遺伝子)のダメージを引き起こすとされているタバコ、食品の有害物質、紫外線、ウイルス、化学物質、電磁波などの発がん物質が加わりますと、変異細胞の生まれる確率はもっともっと高くなります。


いずれにしても、間違えたり壊れているしているDNAのコピーが行なわれれば、新陳代謝で入れ替わった新しい細胞はもとの細胞とまったく違った遺伝子情報を持つことになってしまいます。


間違えた情報をもつ細胞を正しくする「人体のセキュリティーシステム」の作用をうまくかいくぐり、生き残った1個の変異細胞ががん細胞の元となるのです。


この1個のがん細胞が分裂して増えていくスピードは同じではありません。


だいたい10年~20年のあいだに約30回ていど分裂し小指の先ほどの大きさになります。このぐらいの大きさになりますと、いろいろな検査で発見されるようになるのです。





身体が弱った時にウイルスや発ガン物質が侵入すればウイルス性疾患や癌を発病させます。
しかし多くの人が侵入しても発病しないのは、体内のSODや好中球などの顆粒球とT細胞・B細胞・ナチュラルキラー細胞などのリンパ球、ガン細胞を捕食するマクロファージのお陰だからです。


好中球はいわばパトロール役です。体内の敵を見つけると、血液中の好中球が増加してやっつけてくれます。敵が強い場合はマクロファージが貪食細胞に変化して敵を捕食してくれます。


またガン細胞を破壊するキラーT細胞やNK細胞、抗体をつくって攻撃するB細胞さらにキラーTとB細胞を支援するヘルパーT細胞など、いわゆる免疫細胞という勇猛な諸戦士が絶えず発ガン物質と戦っているのです。

チャーガの炭酸割

チャーガと癌について

チャーガは多くの自然生薬同様にがん細胞を薬のように直接殺すことはできません。

その点では抗がん剤などと違い、副作用などを伴わずに自然治癒を高め消化器系の働きを
正常化する作用から癌細胞の働きを抑制できると考えられています。

主な薬効は

①身体の新陳代謝プロセスを改善する
②神経系と身体の免疫反応を促進する
③腫瘍病患者の全体的な健康状態を改善し、体を保護する働きを高める
④腫瘍細胞の増殖を遅らせ転移の進行を遅らせるなど抗腫瘍効果を有する
⑤胃腸管の活動を正常化にし、吐き気、痛みを軽減する

チャーガの主要な成分であるβ-Dグルカンが免疫抵抗力を高め抗がん作用があると
言われています。
多糖類の一種であるβ‐Dグルカンは人間の正常な細胞組織の免疫機能を活性化させて
癌細胞の増殖と再発を抑制し、免疫細胞の機能を活発にさせるインターロイキン
・インターフェロンの生成を促進させます。

β‐Dグルカンはがん細胞がある体内に入り、サイトカインを生産させることで
免疫細胞であるT細胞とB細胞の活動を支援して細胞組織の免疫機能を活性化して
くれます。

βグルカンとSOD(抗酸化酵素)についてチャーガはほかのキノコより多く含まれており
抗がん、抗腫瘍、抗ウイルス、炎症抑制などの効果が報告されています。

β‐Dグルカンについて

上述しましたようにがんを攻撃してくれる強い見方がチャーガの主要な成分の一つ

β-Dグルカンです。

このグルカンという物質は近年ではキノコ類に含まれる食品として広く知られていました。

特に抗がん作用が認められているのは多くあるグルカンの中でもβDグルカンであることが

分かっています。

グルカンはセルロース、グリコーゲン、デンプンなどの仲間で多糖類という高分子炭水化物

の一種でもあります。

βDグルカンは人間の正常な細胞組織の免疫機能を活性化させてがん細胞の増殖と再発を抑制し

免疫細胞の機能を活発にさせるインターロイキン、インターフェロンの生成を促進させます。

チャーガとヨーグルト

βDグルカンはがん細胞がある体内に入りサイトカインを生産させることで

免疫細胞であるT細胞とB細胞の活動を支援して細胞組織の免疫機能を活性化させてくれます。

関連項目

  1. チャーガに関する様々な疑問を解決します

  2. チャーガの歴史

  3. チャーガ厳選15選

  4. 抗酸化力の比較図

    チャーガの成分

  5. チャーガの飲み方・楽しみ方

  6. チャーガとは

良質なロシア産チャーガ茶

チャーガ健康園の7大メリット

  • 送料全国一律無料
  • 消費税込み明瞭価格
  • 返品できます
  • オンライン24時間ご注文受付中
  • 代引き、カード手数料無料
  • 初回に小冊子をプレゼント
  • VIPポイント還元サービス