チャーガと糖尿病

糖尿病改善を考える

国民病の一つである糖尿病は現在予備軍も入れると1600万人以上いるといわれています。

国民の10人に1人がかかわってくる病の一つです。

糖尿病は放置すると危険な病気ですが、例えば視力障害や腎炎、じん不全、神経障害や血管障害

など様々な合併症を引き起こします。

楽天の監督だった野村元監督は糖尿病をチャーガを飲んで完治したことは有名な話ですが

チャーガには血糖降下作用があり成分に含まれた多糖体(βグルカン)ミネラル、マンガン、たんぱく質、マグネシュウム

などの働きが影響を与えていると考えられています。

マウスを使った実験ではチャーガに含まれる多糖類によって糖の吸収抑制のためと、

正常なマウスでは血糖値が低下しなかったことからチャーガの様々な有効成分による身体の新陳代謝の

プロセス改善のためインスリンの上昇とインスリン抵抗性の軽減であると考えられています。

このように糖尿病にも効果を発揮するチャーガは糖尿病で苦しまれている方々には朗報である

ことには違いないでしょう。

また糖尿病の原因の一つとしてウイルスとういう説がクローズアップされています。

つまりチャーガ特有の抗ウイルス作用・免疫強化作用・血糖降下作用と3拍子揃っており

糖尿病の方には強力な味方となるでしょう。

食物繊維が糖尿病に与える影響

食物繊維とは人間の消化酵素で加水分解されない難消化性、難吸収性の食品の総称で近年では成人病

の予防効果に関係してることがわかり注目されています。

食物繊維の作用

①消化管の働きを活発にする
②便の容積を増加する
③消化管通過時間を短縮する
④栄養分の過吸収を防ぐ
⑤胆汁酸を減少させる

食物繊維の効果としては血液コレステロールや中性脂肪を低下させ血糖値の上昇を
抑制します。

食物繊維の多い食品

●豆類、野菜(かぼちゃ、イモ、こんにゃく、バナナなど)
海藻(ひじき、のり、わかめ、かんてん)キノコ、穀類(押し麦、黒パン、
オートミール、トウモロコシ)またチャーガにもたくさんの良質な食物繊維が
含まれています。

チャーガを飲むと便が緩むことがあります、それも豊富な食物繊維が影響しています。

血糖値のコントロール

糖尿病を放置すると様々な合併症を引き起こします。

視力障害、じん不全、肝不全、壊疽になったり血管障害も起こしたりします。

糖尿病の対策は血糖値のコントロールがまずはあげられます。

日常生活の改善が重要でバランスのとれた食事、適度な運動、標準体重の維持などが大切になってきます。

糖尿病に限らずこれらのことは健康維持には欠かかせない要因です。

食事を見直すだけでもかなりの効果は期待できます。

もしも偏った食生活が原因ではと思われるようでしたら是非改善の一歩を踏み出してみてください。

また適度な運動は有酸素運動で激しい運動ではなく体操や散歩のようなことからでも初めて見てください。

運動が苦手な方は例えば今まで車で行っていたところを歩いて行くなど、無理のない工夫をして

血糖値をコントロールしてみてはいかがでしょうか。

関連項目

  1. 心臓病を悪化させる病気

  2. 肝臓病の生活と食事

  3. 肌の老化予防は保湿と紫外線対策、そしてチャーガで十分

  4. 素肌の気になる方へ

  5. よくあるご質問とご回答

  6. 柿が赤くなると医者は青くなるというけれど?

良質なロシア産チャーガ茶

チャーガ健康園の7大メリット

  • 送料全国一律無料
  • 消費税込み明瞭価格
  • 返品できます
  • オンライン24時間ご注文受付中
  • 代引き、カード手数料無料
  • 初回に小冊子をプレゼント
  • VIPポイント還元サービス