チャーガの歴史

チャーガの近代史

ソリジェニツィン

ノーベル賞作家
1918-2008

チャーガを世界に紹介した「ガン病棟」を執筆した。

チャーガの歴史は古く新石器時代から人々に飲まれていたと推定されています。その根拠となったのが1991年9月19日イタリア領南チロル自治州のハウスラフヨッポ付近標高3210メートルの氷の中から新石器時代の凍結ミイラ(アイスマン)が発見され、そのミイラの携帯品から白樺のキノコ(チャーガ)が発見され、治療目的であろうと推定されました。

また日本で広く知られるようになったきっかけはロシアのノーベル賞作家ソリジェニツィンの小説「ガン病棟」です。そこには患者がワラにもすがる思いで、白樺のキノコで治療する話が出て来る箇所があり、それはキノコというより白樺の古木に生える一種のガンである。異常成長したコブみたいなもので、外は黒いが中は明るい茶色をしている。
「そして、こういうことを発見した。すなわち、そのあたり一帯の百姓たちは、お茶代を節約するために、茶ではなくチャーガというものを煎じて飲んでいる。それは白樺の茸とも言われて・・・・・・」 などとガンに効果があることを記しています。
このようにロシア(アレフサンドロフ郡)では何世紀にもわたり飲まれ続けたおかげで癌と無縁の生活が紹介され多くの注目を集めるようになりました。

チャーガのオレンジジュース割り

関連項目

  1. チャーガについて

  2. チャーガを知る!飲み方、口コミ編

  3. がんに対処する食生活

  4. チャーガの知られざる魅力

  5. 検査の証明書

    チャーガの産地

  6. チャーガ厳選15選

良質なロシア産チャーガ茶

チャーガ健康園の7大メリット

  • 送料全国一律無料
  • 消費税込み明瞭価格
  • 返品できます
  • オンライン24時間ご注文受付中
  • 代引き、カード手数料無料
  • 初回に小冊子をプレゼント
  • VIPポイント還元サービス