チャーガの知られざる魅力

チャーガ(カバノアナタケ)とは?

チャーガ(Chaga/Charga)とは、日本名でカバノアナタケ(樺孔茸・樺穴茸)と呼ばれているキノコです。

生息エリアはロシア、ヨーロッパ、日本の北部地方、中国の東北地方の寒い地域に見られます。

「サルノコシカケ類」または「多孔菌類」と呼ばれる木材腐敗菌の一種です。 一般的なキノコのように傘はなく、黒くゴツゴツした形をしており、石炭のように見えるのが特徴です。

特にロシアや日本のアイヌの人達は昔から民間治療薬として伝承されて、日常的に摂取していました。

白樺の木は寒冷地に自生する生命力が溢れる樹木ですから、ロシアでは薬効として古くから愛飲されてきました。

チャーガを煎じてお茶として飲んだり、薬酒にして飲まれており、がん患者はほとんどいない様です。

近年は、その希少性が高さから「黒いダイヤモンド」、「魔法の樹」と名付けられているほどです。

チャーガが寄生する白樺の木のエキスとは?

チャーガが寄生する白樺は、早春の時期のみキシリトールの樹液を採取することができます。

白樺の栄養分をたっぷり吸収しながら何年もかけて 成長し、最終的にエキスを完全に吸い尽くします。

マイナス20℃にも耐えて生育し、白樺の木(カバノキ科の木)が段々と木が枯れてしまう程のパワーがポイント。

たたし、生長はとても遅く、寄生してから10年かけて直径50センチペースで大きくなります。

最近、チャーガサプリや健康食品、お茶などがメディアでも話題になっています。 その理由は、健康と美容に有効成分が豊富に含有されているからです。

十数年もの歳月をかけて、白樺がろ過した大地の栄養を吸収するので栄養素の含有量に優れています。

SOD (抗酸化酵素)、βグルカン、水溶性リグニン、βカロテン、サポニン、アミノ酸、フラボノイド、食物繊維、イノシトールなどの有効成分が多く含まれています。

チャーガの有効成分と効果は?

チャーガは、カワラタケなどの菌類キノコと比べると有効成分の含有量が断トツ多いのが特徴です。

チャーガにはキノコの有効成分だけでなく、長年吸収してきた白樺の有効成分も同時に含有されているのがポイント。

チャーガに含まれているアミノ酸には、体内で合成することができない必須アミノ酸が豊富です。

健康効果だけでなく、引き締まったボディーへ導くダイエットサポートや美容効果も期待できます。

さらには、白樺の樹液からは虫歯になりにくい天然甘味料であるキシリトールも吸収されます。

チャーガには健康維持と美容、そして歯の健康まで 役立つ成分がギュッと凝縮されていると言えます。

チャーガのオレンジジュース割り

SOD(抗酸化酵素)は自然抵抗力を高める

チャーガに含まれるSOD(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)は、体内で発生する活性酸素を消去する抗酸化酵素です。

年齢と共に体内には活性酸素が大量に発生すると、病気や老化の原因になるので要注意です。 近年は、食生活が欧米化されて、活性酸素を取り込みやすい環境となっています。

活性酸素を発生しやすくする食品とは、ファーストフードやインスタント食品なども挙げられます。

食品添加物が含まれているものは体内で活性酸素を増やすので、避けるようにしましょう。 ストレスなどの外的要因による免疫機能の低下も自然抵抗力を下げるきっかけとなります。

SOD(抗酸化酵素)は、そんな過剰に増えてしまった活性酸素を抑制してくれるパワーがあるのです。

チャーガのSOD含有量は、アガリクスの約2倍、ホウレン草の20倍、ビタミンCやビタミンEの数十倍の に上ります。

体内に活性酸素が増えると細胞は傷つけられて、病気になりやすくなったり、老化の進行を早めます。

鏡を見る度に肌の老化現象が気になる方、薄毛や抜け毛が増えてきた方、風邪をひきやすくなった方は危険信号です。

SOD(抗酸化酵素)は活性酸素に働きかけて、人間が本来持つ自然抵抗力を高める効果が期待できます。

強力な抗酸化酵素を持つポリフェノール

ポリフェノールといえば赤ワインに大量に含まれる強力な抗酸化作用が有名です。

ポリフェノールの抗酸化作用には動脈硬化の予防、美肌効果、更年期障害の緩和が期待できます。  

実はポリフェノールの種類は4,000種類以上あり、多くの食べ物に含まれています。 例えば、緑茶や柿、バナナ、ブルーベリー、マンゴーにもカテキンやアントシアニン含有量は多いです。

  ココアやチョコレートに含まれるカカオマスポリフェノールを摂取できます。

チャーガには、SOD(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)とポリフェノールの含有量が豊富です。 水溶性リグニンの含有量が極めて高く、強力な抗酸化酵素を持つポリフェノールの一種です。

本来、リグニンは不溶性の高分子ですから、人間の細胞内に入りこむことはできません。 しかし、チャーガに含まれる水溶性リグニンは白色腐朽菌の作用により水溶性になるのがポイント。

水溶性リグニンは体内に浸透しやすくなり、強力な抗酸化酵素を発揮するのです。

免疫力の向上にβグルカン

チャーガには免疫力の向上に役立つβ-グルカンが豊富に含まれています。 β-グルカンはキノコ類やパン酵母に含まれる多糖類の成分で、自然抵抗力を高める物質です。

βグルカンの含有量はアガリクスやメシマコブに多いですが、チャーガはその4倍を超える含有量を誇ります。

抵抗力を高める作用があるため、風邪やインフルエンザ予防、アレルギー性鼻炎、花粉症対策、に関心を集めている成分です。

カバノアナタケに豊富に含まれているβグルカンは 免疫機能を司るマクロファージを活性化します。 ウイルス等の異物が体内に侵入しても、水溶性リグニンがウイルスに直接作用し、抗ウイルス作用が期待できます。

HIVウイルスやインフルエンザウイルスの増殖を抑制し、免疫活性化作用を活性化してくれるのです。

ガン細胞、細菌、ウイルスとなどの外敵をブロックし検疫力の増強を行い、免疫機能により、病気になりにくい体へ導いてくれるでしょう。

近年、植物や菌類に含まれる多糖体であるβ-グルカンは免疫療法にも役立つと注目されています。

β-グルカンの一種、β-3グルカンは酸に強く、胃酸に影響されないため、ダイレクトに体内に吸収できる成分です。

食物繊維・ミネラルは腸内環境を整えてダイエットサポート

チャーガ100g中には、約65gの食物繊維が含まれており、鉄・カルシウム・マグネシウムなどのミネラル成分も豊富です。

食物繊維は腸内環境を整えて、食べ過ぎや脂肪の吸引を抑える働きがあります。 チャーガを定期的に摂取すると、お腹をスッキリさせて、スリムなボディーをキープしてくれるのです。

食物繊維は体に有害な物質を除去し、成人病や消化器系のがん、大腸がん、直腸がん、結腸がんを予防すると言われています。

血液コレステロールや中性脂肪を低下して、血糖値の上昇を抑制し、生活習慣病の予防に効果的です。

食物繊維を含む食べ物は他にもありますが、チャーガに含まれる食物繊維は吸収力に優れています。

がん細胞への栄養供給にエルゴステロール

チャーガに含まれるエルゴステロールは、多くのキノコ類に含まれているビタミンDの前駆物質です。

生シイタケを日光に当てると、ビタミンDに変換され、骨の形成サポートに役立ちます。

エルゴステロールはがん細胞への栄養供給となり、がん細胞が作り出す新生血管の増殖を抑えます。

ビタミンDは腸からのカルシウム吸収を助け、血液中のカルシウムやリンに一定の濃度を保つ働きがあるのです。

イノシトールは脂肪肝・肝硬変を予防する

ビタミンB群の一種であるイノシトールは、悪玉コレステロール値を下げます。

肝臓に脂肪が溜まるのを防いでコレステロールの代謝に作用し、動脈硬化や肝脂肪を防ぐ働きもあります。

イノシトールは糖尿病で損傷のダメージがある方、抜け毛防止、湿疹の予防におすすめの成分です。

イノシトールが足りないとコレステロール値が高くなり、イノシトール欠乏症、脱毛症、便秘、皮膚の炎症を引き起こしやすくなります。

血液の流れを良くしてコレステロールを抑えてくれるイノシトールは脂肪肝・肝硬変等の予防に効果を発揮します。

強い抗酸化作用を持つβカロテン

  ニンジンなど野菜に栄養として含まれるカロチノイドの一種であるβカロテン。

プロビタミンAの一種でもあり、体内でビタミンに変換される物質です。 チャーガに含まれるβカロテンは、強い抗酸化作用を持ち、肌・髪・爪を健康に保つ効果や老化防止に効果を発揮します。

βカロテンは体内でビタミンAが不足した時にビタミンAに変わる非常に便利な栄養素といえます。

脂溶性の栄養素は体内に残留しやすく、妊娠中や体調不良の時は副作用を起こすこともあります。

しかし、βカロテンはビタミンAを過剰摂取するリスクもなく、強い抗酸化作用を発揮してくれるのです。

チャーガのヨーグルト割り

フラボノイドは抗酸化作用で生活習慣病を予防する

フラボノイドとは植物に含まれる色素成分のことで、ポリフェノールの中で最も重要な成分です。

私たちは毎日の食事から数百mg程度のフラボノイド(ポリフェノール群)を摂取しています。

ただし、実際に体内に吸収されるフラボノイドの量はほんの僅かですが、少量でも抗酸化作用、動脈硬化予防がしっかり働きます。

チャーガに含まれるフラボノイドは毛細血管を保護し、血圧を正常にコントロールする作用もあり、生活習慣病を予防します。

ビタミンD2は骨粗鬆症を予防する

チャーガに含まれているビタミンD2は骨粗鬆症の予防に効果を発揮します。

ビタミンD2は骨の発育に必要不可欠なカルシウムの吸収を促してくれるのがメリット。

ビタミンD2は干しシイタケや脂肪の多い魚であるイワシ、カツオ、マグロ、卵黄、バターにも豊富に含まれています。

最近は、若年層でも骨粗鬆症の予備軍が増えているので要注意、 骨粗鬆症予防やケガ予防のためにも、カルシウムとビタミンD2を積極的に摂取しましょう。

抗がん効果が期待できるパーオキサイド

チャーガに強い抗がん効果が期待できるのはβ-グルカンの他にもパーオキサイドが挙げられます。

アガリクスなどキノコ類はがんへの有効性が期待されています。

学会の研究でも、キノコ類に含まれる多糖類は抗がんの有効性が発表されました。

厚生省に認可を受けて免疫療法剤として医療機関にて活用されています。

中でもチャーガの抗がん作用は、他には比較にならない程豊富に含まれています。

チャーガサプリから期待できる効果は?

チャーガには様々な健康効果が期待できると分かりました。 では、サプリを摂取するとどんなメリットがあるでしょうか?早速見ていきましょう。

チャーガの豆乳割り

自然治癒力を高めてくれる

チャーガのサプリメントはがん予防や改善に役立つと言われているものが多いです。

チャーガは医薬品ではありませんので、直接ガン細胞を減らす作用は残念ながらありません。

そのため、チャーガサプリやチャーガのお茶、健康食品を摂取したからといって、ガンが急に治ることはありません。

口コミサイトでは、チャーガサプリを飲んでからガンが治った!といった誇大広告ともとれる内容も見受けられます。

チャーガを含めた健康食品は医薬品ではありませんので、ガン治療薬には代用できません。

チャーガには、人間に本来備わっている自然治癒力を高める作用は期待できます。 チャーガサプリを定期的に摂取していると、ガンや病気にかかりにくい健康な体に導いてくれるのです。

今向き合っている病気にダイレクトに働きかけることはありませんが、病気やアレルギーになりにくい強い体になるメリットがあります。

例えば、多くの病気や老化の原因と言われている活性酸素は、生活習慣病やアレルギー疾患と大きな関係があります。

チャーガを摂取するだけで安心するのではなく、日頃の生活習慣を見直すことも大切です。

バランスの良い食事や睡眠の確保、適度な運動などを取り入れてみてください。  

環境汚染や紫外線による影響も大きいですから、最終的にがんが発症する原因になります。

日頃から過労やストレスを発散して、加齢による免疫力の衰退はチャーガサプリで対策しましょう。

病気になる前からチャーガサプリやお茶として摂取すると、ガンや病気を予防することができます。

生態恒常性を保つ

チャーガがこれほどまでに注目されている理由は肉体的な健康効果だけでなく、生体の恒常性維持に作用するからです。

チャーガサプリには豊富なミネラルと生態恒常性を保つ成分か含まれています。

仕事や家庭、悩み事などのストレスを溜め込むと、自律神経の働きが乱れてしまうので要注意。

チャーガには、生体の恒常性があり、外部環境の変化や食物に影響されなくなるのがメリット。

無意識のうちに生体バランスをコントロールする作用があります。 大きなストレスを受けても、自律神経系、内分泌系、免疫系のバランスが壊れません。

内外の環境変化に応じて、ストレスなく健康的に過ごせるのが嬉しいポイントです。 チャーガサブリは、体温 ・ 血糖値 ・ 血液酸性度などの生理的状態を一定に保ちながら、快適に過ごせように整えてくれます。

定期的に摂取していると、ストレスを溜め込まずに自律神経を正常に保つことができるように。 自律神経は、呼吸、消化、血液循環、泌尿、生殖器にも影響し、正常に機能が作用してくれるのです。

アレルギー性疾患を予防・改善する

チャーガサプリはがん予防や糖尿病予防といった病気の予防・改善が謳われていることがおおいです。

多機能性があるチャーガサプリは、アトピー性皮膚炎、花粉症、気管支喘息といったアレルギー性疾患にも効果を発揮してくれます。

加齢とともに免疫機能は弱まっていきますので、風邪やアレルギーを引き起こしやすくなるのです。

体内で過剰な自己防衛機能が働くと、アレルギーに対抗できなくなってしまい、自分へ攻撃し始めてしまいます。

加齢により免疫機能が弱まってきたと感じているかたは、自己免疫機能を高める必要があります。

チャーガサプリは抗アレルギー作用が認められており、免疫力を高めて免疫機能を正常化する作用がポイント。

チャーガサプリを摂取すると、アトピー性皮膚炎、気管支喘息、花粉症などの改善・予防に繋がったデータも多くあります。

人間は誰でもウイルスや花粉に対抗できる自己防衛反応が備わっています。 自己免疫力を高めるためにもチャーガサプリを定期的に摂取すると、風邪を引かなくなるでしょう。

体質の改善が進み、アレルギーにも対抗できる強い体になるのを実感できます。

近年のストレス社会では、栄養バランスが乱れた食生活、過剰なストレス、喫煙、運動不足などにより、生活習慣病を引き起こしやすくなります。

生活習慣は変えずにチャーガを摂取しているだけでは、効果をあまり実感できなくなるので要注意。

生活習慣病を予防するためにも、これまでの生活習慣を見直して、健康的な生活を心がけましょう。

血糖降下作用による糖尿病予防

チャーガには血糖降下作用による糖尿病予防に効果が期待できます。

生活習慣病の一つである糖尿病は、インスリンが不足して糖分を処理できなくなります。

糖尿病は日本で600万人以上がかかっており、血液中のブドウ糖濃度が高くなる病気です。

糖尿病は痛くも痒くもないので、自然に放置している人が多く、症状が悪化すると、失明や腎疾患(腎炎、腎不全)を引き起こすことも…。

糖尿病に悩んでいる方もチャーガのもつ強力な抗酸化作用を期待する価値があります。

チャーガは血糖値を下げることが明らかにされており、すい臓と血管の細胞を守り、血流を促進させるのがメリット。 チャーガサプリには、

インスリン分泌を促す作用があり、糖分吸収を抑えて血糖値を下げる効果のあるのです。

医学の分野でもキノコ類の血糖降下作用は注目されています。

チャーガの血糖降下作用は、ガンや肝炎などの生活習慣病を治療や免疫療法にも応用されています。

動脈硬化の予防・改善効果

チャーガサプリは動脈硬化の予防・改善目的で摂取されている方が多いです。

近年、どうすれば動脈硬化を予防できるのか議論されています。

動脈硬化は毎日の食事や生活習慣と蜜に関係していることがわかっています。

忙しい現代人は、毎日の食事をファーストフード、コンビニ弁当、レトルト食品、インスタント食品に頼る方は多いかと思います。

タンパク質、脂肪、糖質によるカロリーオーバーになる人が多いです。

そして、食生活の乱れは野菜不足になりがちですから、ビタミン、食物繊維、ミネラル不足となります。 しっかり体に必要な栄養素を摂取できないため、糖尿病、動脈硬化、高脂血症、脂肪肝になります。

最終的に発ガンに至る素因となってしまうので、早めの対処が大切です。

動脈硬化の原因は活性酸素によって増えるLDLが原因だと言われています。

チャーガには活性酸素を減らす作用があるので、毎日サプリを摂取していると、LDLの発生を防いでくれるでしょう。

抗酸化物質であるポリフェノールは赤ワイン、ブドウ、ブルーベリーに含まれています。

その中でもチャーガに含まれるポリフェノールには活性酸素に対抗する抗酸化酵素作用は高いです。

まとめ

今回は、チャーガ(カバノアナタケ)に含まれる有効成分と期待できる健康効果についてご紹介しました。

チャーガサプリは、ほかのキノコ類には見られない多糖類であるβ-グルカンやヘテログルカンの豊富な含有量がポイント。

抗酸化物質が気になる病気やガンを予防して、老化の進行を緩めてくれます。

これからの健康維持には、チャーガサプリを摂取して生き生きとした毎日を過ごして行きましょう。

チャーガの炭酸水割り

関連項目

  1. チャーガ効用、効果

  2. チャーガティーバッグ

    チャーガ健康豆知識

  3. チャーガに関する様々な疑問を解決します

  4. 抗酸化力の比較図

    チャーガの成分

  5. 免疫療法の歴史と進歩にチャーガ(カバノアナタケ)も歩みを合わ…

  6. チャーガを知る!飲み方、口コミ編

良質なロシア産チャーガ茶

チャーガ健康園の7大メリット

  • 送料全国一律無料
  • 消費税込み明瞭価格
  • 返品できます
  • オンライン24時間ご注文受付中
  • 代引き、カード手数料無料
  • 初回に小冊子をプレゼント
  • VIPポイント還元サービス