肝臓病の生活と食事

基本生活

肝臓病の人にとっての日常生活で一番大切なことは、規則正しい生活をするということです。
食事はバランスの取れた食事を決まった時間にきちんと3度とり、暴飲暴食をさけ、夜更かしをせず、睡眠時間を十分にとる。またアルコールは控えることなどが基本になります。



安静と運動

肝臓病にとって日常生活での安静は重要なことです。出来れば横になっての安静が必要です。
体を横にして安静にすることで、肝臓への血流が増え、肝臓の働きが良くなり、傷害された肝臓の回復が早くなるからです。

特に食後には栄養分豊富な血液が肝臓に流入します。食後30分から1時間横になれば効果的です。
入浴は思っている以上に体に負担になります。熱いお湯での長時間の入浴は避けて、ぬる目のお湯で短時間の入浴をお勧めします。

安静の程度は病状にもよりますが、急性肝炎の初期にはトイレと食事以外はベットで横になって安静を保つことが必要です。

慢性肝炎の場合は自覚症状もなく肝機能が落ち着いていれば、健康な人と同じ日常生活が送れます。
また適度な運動をしても構いません。適度な運動はストレス解消や気分転換になります。
しかし肝機能検査の落ち着いている慢性肝炎でも、無理な運動は禁物です。登山や炎天下での運動などは避けるべきです。

運動中に少しでも「体がだるい、きつい」と感じれば中止してください。
仕事においても、最近からだの調子がいいからといって、無理は禁物です。

無理をして肝臓がどんどん悪くなることもあります。
肝機能検査ではALT値で100IU/1以上になると安静が必要です。さらに300以上になると入院の上で安静が必要になります。

肝硬変では、肝機能が著しく低下していますので、慢性肝炎よりもっと安静が必要になります。
症状が安定していれば軽作業程度は可能ですが、日常生活でも決して無理は禁物です。

運動も軽めの散歩程度がお勧めです。ただし腹水や黄疸がある人は安静が必要です。

また脂肪肝の人は安静の必要はありません、むしろ積極的に運動をして体重を減らせば肝機能の数値も良くなってきます。

チャーガのスムージー割り

関連項目

  1. アトピー性皮膚炎について

  2. 肝臓からの注意信号

  3. 若いときより眠れない、睡眠の質が低下 老いの証拠

  4. ガンに関する疾病情報 メニュー

  5. 肌の老化予防は保湿と紫外線対策、そしてチャーガで十分

  6. 鈴鹿医療科学大学大学院での研究成果

良質なロシア産チャーガ茶

チャーガ健康園の7大メリット

  • 送料全国一律無料
  • 消費税込み明瞭価格
  • 返品できます
  • オンライン24時間ご注文受付中
  • 代引き、カード手数料無料
  • 初回に小冊子をプレゼント
  • VIPポイント還元サービス