C型肝炎の基礎知識

チャーガ健康園 C型肝炎の基礎知識

C型肝炎とは

C型肝炎とは、肝炎を起こすウイルス(C型肝炎ウイルス)の感染により、6ヵ月以上にわたって肝臓の炎症が続き、細胞が壊れて肝臓の働きが悪くなる病気です。初期にはほとんど症状はありませんが、放置しておくと、長い経過のうちに肝硬変や肝がんに進行しやすい病気です。

現在わが国には200万人とも300万人いるとも言われています、C型慢性肝炎の患者さん、あるいは本人も気づいていないC型肝炎ウイルスの持続感染者(キャリア)が多数(自覚症状やキャリアだ自覚してない人が75%)いると推測され、“21世紀の国民病”とまでいわれています。

検査を受けたほうがいい人とは

以下の項目に1つでも当てはまれば検査を受けてください。

①1992(平成4)年以前に輸血を受けた人

②大きな手術を受けた人

③長期に血液透析を受けている人(15-20%が感染しているとの報告もある)

④輸入非加熱血液凝固因子製剤又は同等のリスクの製剤を投与された人

⑤血液製剤の一種「フィブリノゲン」を1994年以前に投与された人

⑥臓器移植を受けた人

⑦注射針による薬物濫用者、入れ墨をしている人

⑧ボディピアスを施している人

⑨往診や予防接種などの際、使い捨て注射器でない器具により注射を受けたことのある人

⑩GOTやGPTなど肝機能の異常を指摘されている人

⑪血小板が低い人(180,000以下)

(注)①2001/5 旧ミドリ十字の血液製剤の一種「フィブリノゲン製剤」は1980年以降285,000人に使用され、3%(8,500人)が肝炎を発症していると推定されると報道された。②厚生労働省は、2002年3月、血友病以外で非加熱製剤の投与が確認された患者の内、52%がC型肝炎ウイルスに感染した疑いがあると発表した。厚生労働省は2004/12 フィブリノゲンを使用したとされる医療機関6,611病院を公表した。

チャーガとヨーグルト

検査方法について

保健所や病院でC型肝炎の検査をしてもらいましょう。最近は人間ドックなどで検査項目に含まれることが多いです。HCV抗体が(-)であれば問題ありません。

自費でも検査費用は2,000円程度で済みます。


尚、通常肝機能検査に使われるGTP、GOT、γ-GTPの数値だけでは、肝硬変の検査にはなりません。
またC型肝炎に感染していてもGOT/GPTは正常であることが多いですので、
さらに保健所や病院で精密検査を受けてください。


※注意:HCV抗体検査が陽性と出た場合は”C型肝炎ウイルスが過去体内に侵入した”ことの証明になりますが、現在C型肝炎を発症しているかどうかとは別問題です。急性肝炎を自然治癒した人が約40%近くもいるからです。治癒した人も検査すれば陽性がでて、抗体検査陽性=C型肝炎⇒肝硬変⇒肝臓ガンではないのです。抗体検査が陽性と出た場合は専門医を受診し、現在本当にウイルスが存在するかの精密検査が必要です。

治療法について

C型肝炎の患者さんの治療は、病気の活動度や進行の状態によって方法や効果などが違います。
インターフェロンや、、免疫調整薬、肝庇護薬、リバビリン(抗ウイルス剤)を用いる場合、これらの薬による効果は、ウイルスの遺伝子型(ジェノタイプ)や量によって差があります。

副作用(脱毛、うつ症状、目が見えにくくなる)や高額な医療費などの問題もあります。そこで、治療薬や治療方針の選択については専門の医師による判断が必要です。

一般にインターフェロンによりC型肝炎ウイルスの排除(治癒)に成功するのは、全体では30%前後です、リバビリンを併用した場合には40%前後といわれています。

 インターフェロンやリバビリンでウイルスを排除できなかった場合でも、肝酵素(ALT、AST等)値が正常範囲を超えて上昇している場合には肝臓を庇護(ひご)する治療を行います、

肝臓の細胞が損傷されることを抑え、肝臓の線維化を防ぐことで、肝硬変や肝がんになることを予防したり、遅らせたりする治療が行われます。

チャーガ健康園 C型肝炎の基礎知識




チャーガについて

チャーガはロシアを中心に厳寒の地域で採取されるキノコの一種です。

白樺の木に寄生するキノコで10年以上の長い期間をかけて白樺の木から栄養を吸い取り、最後は

白樺の木自体を枯らしてしまいます。いわゆる白樺にとっては癌のような存在になります。

チャーガにはすごい生命力が備わっており、βグルカンなどの成分が豊富に含まれており

ロシアでは古くから民間療法で用いられ、その名を広く世界に広めたのはロシアの
文豪ソリジェニツインの作品「がん病棟」によります。

採取ができる地域は寒い地域に限られており、2万本に一本の割合でしかチャーガは見つからないといわれています。

また採取ができる期間も冬に多くなされるため貴重なキノコとしてロシアでも珍重されてきました。




日本では北海道と東北地方などの一部で採取ができます、またアイヌの人たちが古くは飲んでいたようです。

日本でも30年くらい前からチャーガは広く知れ渡るようになってきましたが、採取できる

量も限られており、一般に認知されるまで時間が要しています。

それだけ貴重なためチャーガを形容して”森のダイヤモンド”と言われる所以でもあります。



ダイエット食で知られるケトン食は免疫向上の効果が!?

ケトン食、ご存知でか? ダイエットなどにも効果的ということで話題になっています.

元来、ケトン食は、てんかんの治療に用いられていました。

そのケトン食は、免疫力向上のサポートもできることがわかってきました。

今、新型コロナウイルス流行もあって、ケトン食は話題沸騰中です。

ただ、正しい知識の上で行われなければ逆効果になることもあり、ケトン食のメリットとデメリットをしっかりと理解することが重要です。

■ケトン食とは? 三大栄養素といわれる糖質、脂質、タンパク質があります。

どれもエネルギーになりますが、「糖質」⇒「脂質」⇒「タンパク質」の順番でエネルギーになっていきます。

たとえば、糖質の量を減らしてダイエットでもしていくと、体内のブドウ糖(グルコース)が減少していきます。そのため、次なるエネルギーは体内に蓄積された脂質です。

脂質がエネルギーとなるために分解されるとき、その際にケトン体(※)といわれる物質が作られ、

このケトン体がエネルギー源となります。 要するにケトン食とは、糖質を減らし、脂質を増やしてケトン体が生成されやすくなるような食事のことです。

※ケトン体:アセト酢酸・β-ヒドロキシ酪酸・アセトンの総称       

アセトンは気化しやすいので、体外に出ていきやすい物質

○ケトン食がてんかんの治療に有効な理由 てんかんの発作を抑える手段として、

薬剤が中心に使用されますが、絶食、つまり飢餓状態になることでも可能ということが昔からわかっていました。

なぜ、ケトン体がけいれんを抑えるのか、依然として詳細はわかっていないのですが、ケトン体の中でもβ-ヒドロキシ酪酸がてんかん症状であるけいれんの抑制に関与しているといわれています。

従って、薬剤難治性のてんかんの治療として、ケトン食が用いられることがあります。 ケトン体が生成できるように製品化された食品もあります。

■糖質制限ダイエットとケトン体 糖質の摂取を控えれば、糖質以外は何を食べてもいいという糖質制限ダイエットがあります。

この場合はてんかんの治療のようにわざわざ、製品化されたケトン食を摂る必要はありません。

糖質制限ダイエットは脂質がエネルギーに利用されるようになる(ケトン体生成)まで、糖質を制限するというダイエット法です。

要するに、糖質を制限すればするほど、脂質が分解されるため、ケトン体ができやすくなるということです。

それに、糖質をどんどん制限していくと、カロリー不足になるので脂質は充分に摂っていいということに。

とはいえ、脂質の摂り過ぎもまた、高脂血症の原因の一つになったり、糖質の過度の不足も健康を害するため、極端な糖質制限ダイエットはおすすめできません。

次はいよいよ、本題に入ります。ケトン体が生成されるような食事がなぜ、免疫力向上に結びつくのでしょうか?

■免疫力向上とケトン食 2019年、アメリカのエール大学医学部教授である岩崎明子氏が率いる

研究チームがマウスを使ってケトン食はインフルエンザウイルス感染を予防する効果があることを発表しました。

ケトン食を摂ったマウスは摂らなかったマウスと比較し、優位にインフルエンザによる死亡率が低かったという結果が出たようです。

また、ケトン食を摂ったマウスは、γ-デルタT細胞が増えていたという報告もありました。

○γ-デルタT細胞とは? γ-デルタT細胞は、NK(ナチョラルキラー)細胞などと同じ免疫細胞の一つで、

がん細胞など異常な細胞を見つけ、攻撃する働きをもっています。

前述したケトン食はγ-デルタT細胞を増やし、たとえば、インフルエンザウイルスの肺内侵入を防ごうとします。

このようにケトン食が免疫細胞を増やして、免疫力を向上させるということは、がん発症の抑制も考えられということになります。

ケトン食はどのような作用機序でがんを予防するのでしょうか?

○がん細胞も糖質が好き 実はがん細胞も私たちと同じように、まずは糖質をエネルギーにして増殖を続けます。

そのため、糖質量を減らしてがん細胞のエネルギー源を絶てば、がん細胞は増殖できなくなり、やがては死んでいきます。

ただ、糖質量を減らしていけば、がん細胞だけでなく、私たちの生命維持にも危機が迫ってきますよね。

そこで、その助っ人になるのがケトン食です。 糖質の摂取量を減らすことで、脂質が糖質に代わってエネルギーになろうとします。

体内に入る糖質が減少することで脂質が分解され、エネルギー源となるケトン体が生成されます。

ケトン体を生成させるケトン食であれば、糖質摂取量を減らしても、エネルギ―の補給を続けることができます。

従って、ケトン食でエネルギーの補給をしながら、糖質を減らし、がん細胞の増殖を抑えていくという理論になるわけです。

これまではケトン食のメリットについて述べてきました。しかし、いいことづくめではありません。 ケトン食を摂る場合、いくつかの注意点や問題点があります。

■ケトン食の注意点・問題点 ・血液が酸性 (アシドーシス)傾きやすく、吐気や疲労がおき、呼吸が乱れてくることがあります。

・ケトン体の原料となる脂質を中心に摂ることになるため、脂質代謝異常をおこしやすく、動脈硬化を伴うことが考えられます。

・即刻、エネルギーになる糖質を控えるため、瞬発力が必要な競技を行うアスリートには向きません。

・ケトン食は緻密で厳格なカロリーやケトン指数などの計算が必要であるため、専門的な知識を要します。

・低糖質、高脂質が基本であるため、メニューにも限りがあり、好きな食品も控えなくてはいけないことも多く、継続にかなりの努力を要することが考えられます。

・ケトン食は栄養学的には偏った食事です。ビタミンなど場合によっては、サプリメントを活用すればいいのですが、そのサプリに糖質が含まれていないかの確認が必要です。

・ケトン食療法を行うのであれば、専門医の指導の下で行うことが一番、安全です。

・ケトン食を導入した場合、考えられる副作用は「アシドーシス」「高尿酸血症」「低カルシウム血症」「高コレステロール血症」「腎結石」などがあります。

■ケトン食の安全性を考える 今回、「ケトン食の免疫力向上」が発表され、ケトン食に興味を持たれる方が増えています。その背景には、新型コロナウイルス感染症の世界的流行にも関係があるでしょう。

ただ、ケトン食の施行で生成されるケトン体の安全性を危惧する専門家もいます。

ケトン体は、通常食べている糖質摂取量を1/3減少させると生成されてくるといわれています。

私たちは一日の食事量の約6割を糖質(炭水化物)にすることが、理想です。

そのため、糖質を制限する場合、脂質やタンパク質で不足分のカロリーを補う必要があります。

タンパク質の摂り過ぎは腎臓に負担をかける危険性が大きくなります。

ただ、脂質やタンパク質は満腹中枢を刺激しやすいため、ある意味、ダイエットには向いているといえます。

免疫力を向上させたくてケトン食を選択するというのは、ケトン体の安全性がまだはっきりされていない点を考え、

むしろケトン体が過剰に生成されないように注意しながら、糖質制限することのほうが健康的かと思います。

■免疫力向上を狙うのであれば、チャーガ茶が安全でおススメ チャーガには、β-グルカンやSOD酵素といった抗酸化作用の強い成分が入っています。

抗酸化作用が強いということは免疫力向上を意味し、自然治癒力も高めます。

ダイエットにも有効といわれるケトン食に、免疫力向上効果があるということがわかってきました。

チャーガにもまだまだ、隠された、解明されていない効果があるといわれています。

ケトン食と比べ、安全性が確立されたチャーガで免疫力向上を望み、これから期待される効果に夢を馳せていきたいものです。

■まとめ 糖質制限ダイエットにも関係あるケトン食。本来はてんかんの治療法の一つでした。

健康な身体を持った人がわざわざ、三大栄養素のバランスを崩して免疫力向上を目指すのは体調も崩すかもしれないことを考えると、とても勿体ないことです。

ケトン食療法を試みてみようとお考えの方は必ず医師の指導の下で行うようにしましょう。

 新型コロナウイルス流行と季節性の関係

外出するときにはマスクする、密を避ける……など、この頃は新型コロナウイルスの感染予防対策の所作に自然とふるまえるようなられた方も多くなったと思います。
その一方でこの状態がいつまで続くのだろうかという不安も、同時に抱えておられることでしょう。

今回は「コロナと季節」を取り上げてみたいと思います。
この方面の専門家たちのいろいろな見解が公開されています。

■夏になると、新型コロナウイルス感染症の重症患者は減る?

確かに新型コロナが流行し始めた頃、政府はインフルエンザと同じように気温が上がればコロナも自然に収束すると推測されていました。
しかし、実際は違いました。気温は上昇し、インフルエンザはとっくに収束したにもかかわらず、コロナはあいかわらず、くすぶっています。緊急事態宣言は解除されましたが、少しでも気を緩めれば、再び、猛威を震うのではという危険事態は去っていません。

西村秀一氏(国立病院機構仙台医療センターウイルスセンター長)は下記のように述べています。

・インフルエンザウイルスと新型コロナウイルスはよく似ている
インフルエンザウイルスは高温、高湿度の状況では生存しづらくなることがよく知られていますが。新型コロナウイルスもそれに準じているという報告がこれまでにありました。
ただ、新型コロナウイルスのほうが高湿度の環境に強いという特徴はあるようです。

・高湿度になると、ウイルスは肺内に侵入しづらくなる
湿度が高くなると、侵入してくる異物を排除しようとする鼻や喉の粘膜にある絨毛の動きが活発になります。
また、飛沫の粒子も高湿度であれば、多くの水分を含んでいるため、粒子径が大きくなり、肺内への侵入が困難になります。
ただ、鼻や喉ぐらいまではウイルスが入りこむ可能性はあるため、しっかりとうがいをすることが重要になってきます。

・高温・高湿度でも新型コロナウイルス感染拡大する国がある
高温・多湿がウイルス感染拡大を抑制する研究結果があることを認めているアメリカ科学アカデミーの学会でも「そうでない場合もある」としています。
事実、南アメリカやアフリカなど、熱帯の国での感染が拡大しています。

公衆衛生、ウイルス学が専門の新潟大学教授である斎藤玲子氏は「気候の環境以上に、人間にそのウイルスの免疫がない」ということが感染を拡大させている最大の原因ではと指摘しています。

○紫外線は新型コロナウイルスを殺せる?
強力な紫外線照射はウイルスの撲滅に効果があるとされています。
しかし、紫外線が十分に当たらない日陰にウイルスを含んだ飛沫があれば、紫外線による感染拡大防止は困難です。
また、飛沫が空中を浮遊する数秒間程度で紫外線照射の効果を得ることは難しいなどと指摘するのは、新型コロナウイルスと紫外線の関係を研究する大阪府立大学教授の秋吉優史氏です。

その他、行動が「密」になるという、人間の生活スタイルもかなり感染拡大の原因を作っていると多くの専門家がいいます。

前述した西村氏もいくら気候条件を理想にしたところで人間の行動に過ちがあれば、感染拡大を防止することは困難としています。
要するに、感染拡大の最大の原因は「私たち人間」だということなのです。

■まとめ

いろいろ、あれこれ考えたところで、私たちの行動が律していなければ、感染力が低下する夏がこようと、何の解決にもならないということなのですね。
緊急事態宣言は解除されましたが。いぜんとして緊張感をもって行動していかなくてはいけません。

酒コップ一杯で赤くなる人とがんの関係

お酒を飲んですぐに赤くなる人は、食道がんになる確率が10倍以上にあるということは割と知られています。
ところが、食道がんだけでなく、他のがんにもなりやすくなるという、多臓器ガンの危険性も高くなります。

■アルコールとアセトアルデヒドは発がん性がある

WHO(世界保健機構)は、アルコールとアセトアルデヒドは発がん性があると結論づけています。
がんの中でもとくに食道、口腔咽頭、喉頭、大腸、肝臓、そして乳がんなどと飲酒の関係が示唆されているようです。

アセトアルデヒドとは?
お酒の成分はエタノールです。エタノールが体内に入ると、アルコール脱水素酵素によってアセトアルデヒドに変わります。
アセトアルデヒドは2型アルデヒド脱水素酵素によって、酢酸に分解され、最終的には二酸化炭素と水になり、呼気や尿として体外に出ていきます。
要するにアセトアルデヒドは、エタノールが二酸化炭素と水にまで分解されるまでの代謝物の一つです。

そのアセトアルデヒドが何かの原因で分解されず、そのままの状態で蓄積されてしまうことがあります。アセトアルデヒドは体にとって有害な物質です。
蓄積されると、食道、咽頭や喉頭などだけでなく、全身を巡り、肝臓などの臓器細胞も傷つけてしまいます。
アセトアルデヒドの蓄積は悪酔い、二日酔いの原因の一つともいわれています。
もちろん、アルコール自身も過剰摂取となれば、臓器、粘膜の細胞を傷付け、アセトアルデヒドと同じように発がんリスクを高めてしまいます。

■アセトアルデヒドが蓄積する原因

前項でアセトアルデヒドが生成されると、次に2型アルデヒド脱水素酵素によって分解され、最終的には二酸化炭素と水となって、お酒(エタノール)は無毒化されることを述べました。
いつもこのように、順調に無毒化されるわけではありません。
お酒を飲み過ぎると、アセトアルデヒドを分解する2型アルデヒド酵素の量が不足し、分解されないアセトアルデヒドが蓄積してしまうことがあります。
とくに、2型アルデヒド脱水素酵素の活性が先天的に低い人は、わずかの飲酒でアセトアルデヒドが蓄積してしまいます。

この酵素の活性の高低は遺伝的なものです。コップ一杯程度のお酒で顔が真っ赤になるし人は、お酒を飲めば飲むほどお酒に強くなるわけではありません。
お酒が飲めない人は無理して飲めば飲むほど、アセトアルデヒドは体内に蓄積してしまい、発がんリスクは高まっていくばかりというわけです。

日本人はこの酵素活性の低い人が、4割程度いるといわれています。
洋画で濃いお酒を飲んで悪酔いする欧米人を見ることはほとんどありませんが、邦画で日本人が悪酔いして吐くシーンなどを見ることはよくありますね。

また、飲酒だけでなく、喫煙、抗酸化作用の少ない食事(野菜やキノコ類の不足)などが加わると、相乗的に発がんリスクが高くなります。

チャーガのオレンジジュース割り

■アルコール量とがんの関係

大体、どれぐらいの量のアルコールを飲むと、がんの発症リスクが高くなるのでしょうか?

近年、食事の欧米化や女性の飲酒増加もあって、乳がんになる人が急増しています。
ビール(5%)350ml缶の2/3(エタノール=10g)ほど増やすごとに約7%、乳がん発病リスクが上がるという欧米の研究論文が発表されています。
ただ、日本では飲酒量と乳がんリスクの相関関係が、まだはっきりしていないようです。

では、大腸がんはどうでしょうか?
日本では男女とも、第三位内に入る非常に発生頻度の高いがんです。
大腸がんは、乳がん以上に飲酒の影響を受けています。
また、日本も含めた諸外国の疫学調査から、日本は諸外国、特に欧米と比較して、同じ飲酒量でも大腸がん発症リスクはわずか、高くなっています。
このような背景から考え、日本人は飲酒量を減らすことで、大腸がんの発症リスクを減らすことが可能と考えられています。

その他、肝臓がんの大部分はB・C型ウイルスが原因といわれていますが、過度の飲酒も肝臓がん発症リスクを高めます。

■男性のがん全体の13%は多量飲酒に起因している

ここでの多量飲酒とは一週間でエタノール350g以上です。5%ビール350ml缶を35、36本ということになります。つまり、一日に約5本ということです。
従って、飲酒量、できれば、喫煙量も減らせば、とくに、咽頭や口腔、食道がんの発症リスクを抑えることはできることになります。

■少量の飲酒は健康に良い…・・事実です

少しの飲酒であれば、死亡率は下がり、それ以上飲むと、死亡率は徐々に上昇するといわれています。
では、少しの酒とはどれぐらいでしょうか?
エタノールにして10~20gです。

その量は男性と女性は異なります。
男性であれば、一日の飲酒量は下記の通りです。
(エタノール20g換算)
・5%ビール500ml缶を一本
・日本酒なら1合程度。
・焼酎(25度)100ml
・ウイスキー  ダブル
・ワイン  グラス一杯程度

上記以上に飲むと、死亡率が徐々に高くなっていきます。従って、全く飲まないよりは長生きができ、健康でいられるのは上記以下の量以下で、10gよりは多いのがOKいうことになります。

女性は異なります。女性は男性よりは医学的にもお酒を控えるべきとよくいわれています、
女性の死亡率が一番下がる量は、男性の半分の量ということです。
女性のほうが、体型や肝臓の大きさが男性と比べ、小さいということも関係しているようでえす。

○毎日ではなく一日おきなら

前述した健康でいられる一日飲酒量ですが、飲む日を隔日にするのであれば、500mlビール缶を1缶、日本酒なら2合までならOKです。

そして、一日で飲むエタノール量60?を超えて飲むようになれば、健康へのダメージが強くなっていくと予測されます。

たとえば、500mlビール缶を毎晩3 缶以上飲み続けるということですね。
もしかすると、忘年会などではそんな少ない量、守ってなんかいられないと感じられた方も多いのでは……?
しかし、これは人並みに飲める人の場合で、コップ一杯のお酒で顔が赤くなってしまう人には危険な飲酒量となります。

■コップ一杯で顔が赤くなる人は自分のペースを厳守して

お酒に強い人も、いつかは体へのダメージが出現することがあるかもしれませんが、飲めない人の無理な飲酒はそれ以上に危険なことです。
ただし、お酒に強い人も飲み過ぎれば、アセトアルデヒドを分解する酵素が不足してアセトアルデヒドが蓄積しやすくなります
従って、普段、お酒に強いからと飲み続けていると、当然ながら発がんリスクは高まっていきます。

お酒に弱い人はお酒の強い人ほど飲めないし、たくさん飲もうとすると、悪酔いして吐気を催し、飲み続けることができません。
宴会では断れず、無理に飲んで、体調を崩し、肝機能を早々と低下させてしまうことが少なくありません。
「飲めません」とはっきりと断る勇気を持ちましょう。

■コップ一杯で顔が赤くなる人のためのチャーガ茶

他の皆と長く、そして楽しく飲みたいと、飲めない人でも思います。
そんな時、チャーガ茶を傍に置いてみませんか?
チャーガ茶の中に少量の焼酎やウイスキーを落としてもいいし、日本酒なら、チャーガ茶と交互に飲むのもいいでしょう。
チャーガの強い抗酸化作用が肝臓を守ってくれます。

■まとめ

お酒に強くても飲み過ぎは問題ですが、飲めなさすぎるのも人との交流を考えると面白くないですよね。
まずは飲めない人は無理して飲むと、どんなデメリットがあるかをよく知った上で、楽しく飲むにはどうすればいいかを考える必要があります。

また、飲めない人はとくに発がんリスクを高めてしまうこともよく知っておきましょう。

チャートとオレンジジュースを1:1で割ってみました

関連項目

  1. 心臓病を悪化させる病気

  2. チャーガを研究マースレニコフ博士 

  3. マースレニコフ博士

    マースレニコフ博士

  4. 癌の特徴と症状

  5. チャーガブロック

    肝臓病の生活と食事 その2

  6. ガンに関する疾病情報 メニュー

良質なロシア産チャーガ茶

チャーガ健康園の7大メリット

  • 送料全国一律無料
  • 消費税込み明瞭価格
  • 返品できます
  • オンライン24時間ご注文受付中
  • 代引き、カード手数料無料
  • 初回に小冊子をプレゼント
  • VIPポイント還元サービス