がんの基本知識

こちらのコラムではチャーガと呼んでいますが、カバノアナタケともいわれ、日本では認可されていませんが、ロシアでは医薬品として認可され、しかもがん関連の薬としてよく知られています。

そこで、「そもそもがんとは……」という基礎の基礎から考えてみたいと思います。その資料として国立がん研究センターのサイトを参考にわかりやすく解説してみたいと思います。

医療イメージ

がんは基本的に予防できる

完全には防げなくても免疫向上、生活習慣の改善などで多くのがんを予防することができると国立がん研究センターのサイトにはあります。現在、がんは昔言われていたように決して不治の病ではないということです。

現在はたばこの吸いすぎ、暴飲暴食、過多のストレスなどは確実にがんの発生率を上げることはすでに医学的に証明されています。

ようするに、がん細胞のような異常細胞の増殖を抑える免疫細胞の数を減少させてしまう状況が、がんを発生させることになります。

免疫細胞の減少する原因が、喫煙だったり生活習慣の乱れになるわけです。

チャーガがロシアでは、がんの細胞の増殖を抑えるということで医薬品として認可されている最大の理由は、チャーガには免疫力向上という働きがあること。

日本ではチャーガは食品としての扱いであるため、チャーガの効能効果を謳うことはできないのですが、ロシアでは医薬品であるためできます。

「がんを発生させない=免疫力向上」ということでチャーガの良さは発揮でき、禁煙して生活習慣を改善することで「最強のがん予防」を可能にします。

男性は一生のうち65.5%ががんになると予測

因みに女性は50.2%です。この性差は男性のほうが喫煙、暴飲暴食をすることが多く、そのため、免疫力が低下しやすいということを示しており、ここでも免疫向上はがんを予防するということを示していることになります。

良性腫瘍が悪性腫瘍になる?

腫瘍が良性という結果になった場合、安堵はするものの、腫瘍が悪性に急転するのではと心配する人がいます。

現在の時点ではそのようなことはないと考えられています。良性が悪性に変化したのではなく、最初から悪性だったということです。

ただ、良性腫瘍のすぐ裏側などに悪性腫瘍が隠れていた場合、良性腫瘍が邪魔をして画像に映らないということはあります。

したがって、良性であっても定期的に良性腫瘍の周辺も観察しておくことが重要です。

がん(悪性腫瘍)細胞の増殖スピードは良性よりもかなり速い

良性腫瘍であれば、ある程度大きくなると、増殖しなくなります。そのため、腫瘍の塊は消えなくてもいつも同じ大きさの腫瘍です。(まれに良性でも増大する腫瘍もありますが……)

逆にがんは何もしなければ、無限に増大していきます。時には抗がん剤のような強力な薬を使用しても、負けずに大きくなっていきます。

がんとチャーガ

チャーガは日本では医薬品ではなく、食品として認可されています。このことは医薬品とは違い、一生摂り続けても副反応は出現しないということでもあります。

がんといってもまだまだ、未明な部分が多いのですが、免疫力の強さとがんは関係あることはわかっており、医学どんなに進歩しても、チャーガが人のそばに寄り添い続けることは非常に有益なことと考えます。

まとめ

今回、改めて初心にかえってみました。チャーガとは何か?いろいろなことがいわれていますが、私はやはり免疫力向上が一番ピタリとするようながします。

知っておきたいがんの基礎知識-国立がん研究センターがん情報サービス

関連記事:
腫瘍マーカーが高いそれってがんの証明?-チャーガ健康園
がんに対処する食生活-チャーガ健康園
ガンに関する疾病情報-チャーガ健康園

関連項目

  1. チャーガブロックイメージ写真2

    肝臓病の生活と食事 その2

  2. マースレニコフ博士

    マースレニコフ博士

  3. チャーガ健康園のチャーガティー

    酒コップ一杯で赤くなる人とがんの関係

  4. 樺宝寿ブロックとティーバックの写真2

    エイズ・HIVへの効果

  5. チャーガティーとチャーガブロックの写真

    SODと活性酸素

  6. 健康イメージ

    ガンに関する疾病情報

良質なロシア産チャーガ茶

チャーガ煎茶 樺宝寿イメージ

チャーガ健康園の7大メリット

  • 送料全国一律無料
  • 消費税込み明瞭価格
  • 返品できます
  • オンライン24時間ご注文受付中
  • 代引き、カード手数料無料
  • 初回に小冊子をプレゼント
  • VIPポイント還元サービス