なぜ、太りすぎはいけないのか?

最近は肥満の人でもファッション性が高く、ある意味スタイリッシュな人を見かけるようになりました。とくにおしゃれな太目の芸人さんが増え、大活躍しています。

ただ、無防備にたらふく食べている彼ら彼女を見ていると、すごい心配になってきます。

なぜなら、太りすぎというか超肥満は、完全な病気の温床だからです。

ダイエットイメージ

日本人は欧米人よりもインスリンの分泌力が弱い

日本では、ポチャポチャとした軽量肥満タイプはよく見ますが、こちらが驚くほど肥満の人はあまり見かけません。

それは、日本人は血糖を下げつつ、脂肪を作りやすいインスリンの分泌力が弱いためと考えられています。そのため、少ししか太っていないのに、あるいはまったく太っていないのに割と糖尿病になりやすい体質をもっています。

その上、糖尿病はほかの生活習慣病を悪化させます。日本人でも超肥満の方がまれにいます。その方が健康体であれば、おそらく、体脂肪のうちの内臓脂肪型ではなく皮下脂肪が多い欧米人タイプの肥満が多いのではないでしょうか?

内臓脂肪型であれば、あそこまで太るまでにいろいろな病気になり、「やせなければ命の保証はない」と、医師から脅されることになります。

(体)脂肪の量は加齢で増加

年齢に関係なく食べ過ぎれば脂肪が増えて太りますが、年をとることでも脂肪は増えます。若いときは、少しぐらい食べ過ぎたからといってすぐに体重増加にはつながらなかったはずですが、加齢とともに少量でも太りやすくなっていることに気づかれている方もおられるのでは?

なぜ加齢で体脂肪が増える?

ヒトは食事をしたり、身体を動かすときなどエネルギーが必要ですが、何にもしないでいても心臓などを動かしていなければ死んでしまいますから、エネルギーを要します。この最低限の消費エネルギー量を基礎代謝量といいます。この基礎代謝量は加齢とともに減少していきます。

基礎代謝に最も関係あるのは筋肉ですが、筋肉量は加齢とともに自然と減少していき、その上、運動量も減少します。そのため、ますます、筋肉量が減少するのは当然のことです。

しかし、そのことを無視して若いときと同じように食欲にまかせて食事をすれば、運動をしない分、脂肪として体内に蓄えられることになります。

たとえ、若いときと体重が変わらないとしても、その中の脂肪や筋肉の構成量は異なり、運動しなければ、若いときよりは脂肪が増え、筋肉が減少ということになっている可能性が大きいです。

脂肪過多の肥満は生活習慣病の宝庫

肥満は高脂血症の根源です。高脂血症は生活習慣病へのきっかけとなります。

ましてや、前述したように日本人は高血糖になりやすい素質があります。欧米人以上に肥満は禁物なのです。

チャーガは高血糖を改善する働きをサポートすることができます。

つまり、糖尿病予防に最適な食品です。

日本人の欠点である低いインスリン分泌能力を高めてくれます。そのため、三度の食事にはチャーガ茶を添えられることをおすすめします。チャーガで適正な体重をキープしましょう;

まとめ

太りすぎてもやせすぎても健康を害します。適正体重を保つのにチャーがサポートいたします。

肥満はなぜ怖いのか-omron
内臓脂肪型肥満に気をつけよう-omron

関連記事:
肝臓からの注意信号-チャーガ健康園
肝臓について-チャーガ健康園
見かけは美のため、不健康まっしぐらの美容ドリンク-チャーガ健康園のブログ

関連項目

  1. 赤十字

    がんの基本知識

  2. チャーガブロックイメージ写真2

    肝臓病の生活と食事 その2

  3. チャーガティーとチャーガブロックの写真

    食べてすぐに横になるのはOK?NG?

  4. チャーガブロック

    ガンに関する疾病情報

  5. チャーガ健康園のチャーガティー

    チャーガ煎茶 樺宝寿 焼酎割り

  6. ロシアの医師 チャーガ第一人者

    チャーガを研究マースレニコフ博士 

良質なロシア産チャーガ茶

チャーガ煎茶 樺宝寿イメージ

チャーガ健康園の7大メリット

  • 送料全国一律無料
  • 消費税込み明瞭価格
  • 返品できます
  • オンライン24時間ご注文受付中
  • 代引き、カード手数料無料
  • 初回に小冊子をプレゼント
  • VIPポイント還元サービス