チャーガ健康園について

初回ご購入の方全員に小冊子をプレゼント

チャーガ健康園は2005年よりインターネットによる通販を始めさせていただきました。

販売開始よりすでに多くの方にご愛飲いただきありがとうございます。

販売当初はチャーガ(カバノアナタケ)をご存知でない方も多く、あまり認知はされていませんでしたが、最近では多くの有名人やハリウッドセレブたちの間でも人気がで広く皆様にも知っていただけるようになってきました。

チャーガは厳寒の地で自然に生育し、白樺の木に寄生する幻のキノコです。

チャーガは水から煮出してお茶にしてお飲みいただけます。味は癖もなく大変飲みやすいのでお子様でも飲んでいただけます。

当店が販売しているロシア産チャーガが皆様の元気の源となり、生活に潤いを少しでも与えることが出来れば幸いです。

▼チャーガ健康園オリジナル小冊子のプレゼント

▼配送料はいただきません、日本全国一律無料。

▼インターネットだから安価で購入できます。
最高品質のチャーガをこのお値段でご提供しています。

▼ 低温乾燥で栄養分がたっぷりそのまま
急速な乾燥機を使用しますとエキスまで乾燥され本来の成分が減少します。

▼白樺の樹液を吸収した10年ものを使用
十分にエキスを吸収した10年以上のものだけを使用しています。

▼ 成分抽出の優れた2~4mmサイズに粉砕
大きな原体のままですと大きすぎて飲むのに粉砕しなくてはなりません、粉砕するのは硬くて簡単にはできませんので当店では1回に飲む最適なサイズに粉砕してあります。

▼ PL法(製造物責任法)の保険加入で安全を保証しております
万全の体制で臨んでおります、お客様の安全を100%保証いたします。

▼ とても飲みやすく違和感なく美味しく飲めます 
味と成分を保証いたします、到着後8日以内未開封に限りご返品お受けいたします。
万が一不良品がございましたらご一報の後ご返品ください。

▼ 成分は国産より優れています  
寒冷地だけに育つ「森のダイアモンド」はどれも同じではありません。-20度以下の厳寒の地ならではのエキスの成分と味にこだわってます。
チャーガが育つには寒さが必要です、寒ければ寒いほどエキスを吸収して質の高いものが育ちます。国内でも北海道は寒い地域でチャーガの育つ地域ではありますが、寒さの点からいうと、北海道はどうしてもロシアほど寒くないのが現実です。
なぜロシア産が広く認められているかと言えば、その土壌によることが挙げられます。土壌の違いでチャーガの有効成分も変わってきます、チャーガ健康園が取り扱うロシア産は医薬品としても採取している地域のものを使用していますので自ずと成分にも違いが現れます。

▼ 極東エリア周辺地域の最高級な1級品を使用
ロシア産の中でも最高の品質と管理は極東地域だけです。その中でも木屑や混ざり物がない、生きた白樺の木から採取した1級品だけをお届けいたします。

放射能検査、輸入食品検査をクリア
ロシアからの食品の輸出には放射能検査が必要です。ロシア政府承認の検査にクリアした安全な商品のみお届けします。

▼ 抗酸化作用はアガリクスの23倍の優れものを使用 
体のザビつき、疾病の9割の原因は体内の酸化によるものです、この酸化を防ぐ力はほうれん草の250倍、青汁の60倍そしてアガリクスの23倍あります。

▼ このチャーガは違うと大評判です
チャーガ健康園のチャーガは木屑は一切混じっておりません100%の天然自然育ちをお届けしております。
ご自身の目で確かめられるようにブロックとティーバックにしています。

▼ エキスたっぷり飲みやすいブロック・ティーバック 
チャーガは煎じると黒くコーヒーのような色になります。厳寒の地で育ち、自然低温乾燥したものしか本来のエキスは得られません。
加工は一切せず天然の状態からエキスを抽出できるようブロックとティーバックにこだわってます。

チャーガ(カバノアナタケ)の健康・美容効果は?

副作用と飲み方もご紹介 カバノキ科の木に生息する「チャーガ(カバノアナタケ)」は希少性が高く、「幻のキノコ」「森のダイヤモンド」とも呼ばれています。

最近、様々な健康効果・美容効果があると注目されていますが、摂取方法や副作用が気になっていませんか?

今回は、チャーガ(カバノアナタケ)の効果や飲み方、副作用・安全性と成分について詳しく解説していきます。

気軽に健康・美容対策を始めたい方は、ぜひ最後まで参考にしてみてください。

チャーガ(カバノアナタケ)とは?

チャーガは正式にはカバノアナタケと呼ばれるきのこの一種で、サルノコシカケ科に属しています。

ロシアや北欧、中国・北海道など寒い地域の白樺の木に寄生し、ミネラルが豊富な白樺の樹液を栄養源として十数年かけて生育されます。

主に白樺や黄樺、ダケカンバなどのカバノキ類に寄生しますが、ブナの木やナナカマド、ハンノキ、ニレ等にも寄生することもあるようです。

ロシアでは古くから民間医薬としてチャーガを煎じて、お茶のように飲まれてきました。

生長が非常に遅く、寄生してから10~15年かけてやっと直径50センチ、厚さ10~15 センチの大きさまで達します。

山奥でも他のキノコとの判別するのが困難なため、 見つけるのが大変な貴重なキノコなのです。

樺の生木に発生する菌核を指し、子実体とは別に形成される養分を蓄えた菌糸の大塊ともいえる特異な性質となるため、栽培は困難です。

チャーガ(カバノアナタケ)はその希少性の高さ故に「幻のきのこ」「森のダイヤモンド」と呼ばれることもあります。

チャーガ(カバノアナタケ)は他のキノコ類に比べて強力な抗酸化作用があり、β-グルカン、サポニン、SOD酵素といった豊富な成分が含まれているのが特徴です。

アガリクスの20倍~30倍ともいわれるSOD活性効果 、免疫力を高める効果、糖尿病予防、動脈硬化予防などが期待できます。

健康的なキノコと言えば、アガリスク茸、霊芝、カワラタケ、メシマコブなど様々なキノコ類などが既に有名になっています。

チャーガ(カバノアナタケ)は、今後注目されるキノコ類のひとつと言えるでしょう。

日本におけるチャーガ(カバノアナタケ)の歴史

チャーガはロシアや東欧、中央アジアや中国北部で生息しますが、日本では北海道で採取されていました。 日本における歴史は、北海道の先住民族であるアイヌ民族がお茶として煎じて飲んでいたことが分かっています。 しかし近年は、チャーガを見つけるのは非常に困難な状態になっており、

確率としては山岳地帯で2万本ある1本の白樺の木と言われています。

チャーガ(カバノアナタケ)に含まれる成分は?

ここからは、チャーガ(カバノアナタケ)に含まれる成分を見ていきましょう。

たんぱく質、糖質、食物繊維、糖質、脂質やビタミン類、ミネラル類その他、アルカロイド、エルゴステロール、プリテン、フラボノイド、アガリチン酸、イノシトール、リグニン、トリテルペノイド等が含まれています。

チャーガの組織成分の中で最も注目されている成分は、キノコの細胞膜の成分であるβ-グルカン(多糖類)とSOD酵素です。

多糖類であるβグルカンとサポニンは、他のキノコ類に比べて含有量が多いのが特徴です。

チャーガに含まれるβ-グルカンは良質のたんぱく質を30%以上含み、他のきのこ類に比べて高い含有率を誇ります。

β グルカンは吸収が良く、細胞性免疫の働きを活発化して、優れた免疫増強効果、がん細胞の育成を制御する作用が期待されています。

そして、チャーガには体内の過剰な活性酸化を除去するSOD酵素が豊富に含まれており、抗酸化作用に優れています。

活性酸素が過剰になると正常な細胞が傷き、病気や老化を引き起こす原因となるので要注意です。 体内を錆び付かせる作用などを防ぐSOD酵素は、有害物質を除去する強い酸化力と殺菌力を持ち、

細菌やガン細胞と戦ってくれるのです。

チャーガ(カバノアナタケ)の健康効果

チャーガ(カバノアナタケ)には、他のキノコよりもβ-グルカンやSOD酵素が豊富に多く含まれており、様々な健康効果が期待できます。 健康食品のため効果の感じ方は個人差がありますが、

ここからは一般的な効果を見ていきましょう。

免疫力を高める

β-グルカンは体の免疫機能を活性化させ、様々なウイルスから体を守り、免疫力を高める効果があります。 人間の体は免疫力が低下すると病原菌を体外へ排出できなくなり、病気を発症する原因となるため注意が必要です。 β-グルカンが免疫力を高めて、免疫システムの変化から起こるアレルギー症状や肝炎、腎炎を予防・改善に働きます。

β-グルカンはSOD酵素の作用との相乗効果により活性酸素を除去し、免疫力を向上に役立ちます。

インフルエンザ予防

チャーガ(カバノアナタケ)はSOD酵素による活性酸素除去能力が期待できます。 その他、豊富な食物繊維、ビタミンにより、人間の免疫力を高める効果も高まります。

伝染力の強い病原体に対して、免疫作用が働き、人間の体の中にインフルエンザの抗体を作ることができるのです。

糖尿病の予防

糖尿病対策には血糖値を下げることが不可欠です。 チャーガ(カバノアナタケ)に含まれるSOD酵素の働きにより、血糖値の降下作用が報告されています。

チャーガのもつ強力な抗酸化作用により、血糖値を抑える働きがあり、糖尿病を予防する効果があると言えます。 ただし、糖尿病の治療はカバノアナタケを飲むだけで完治するわけではありませんので、

医師の指示に従った上で摂取するようにしましょう。

動脈硬化の予防

チャーガ(カバノアナタケ)に含まれるイノシトール、リグニン、フラボノイドには、コレステロール値を下げる働きがあります。

ビタミンB群のイノシトールは、脂質の代謝を促進して脂肪肝・動脈硬化を予防したり、神経細胞の働きを助ける作用があります。 リグニンは、動脈壁や肝臓に脂肪やコレステロールが溜まることを防ぐ働きがあります。

フラボノイドは、毛細血管の血流を良くして動脈の血液循環がスムーズになり、動脈硬化が予防できます。

高血圧を解消する

βグルガンは血中の悪玉コレステロールを減らす効果があり、血液をサラサラな状態にしてくれます。

その他、豊富に含まれるカリウムや食物繊維は高血圧の人に対して血圧を下げる効果が期待できます。

C型肝炎を予防・改善

チャーガ(カバノアナタケ)を摂取すると体内からインターフェロンを分泌させ、肝細胞を強化し、C型肝炎を予防・改善します。

消化器系の疾患(胃炎・胃潰瘍)の改善

トリアルペン配糖体という成分は胃液分泌を抑えて炎症を抑制し、消化器系の疾患(胃炎・胃潰瘍)の改善に役立ちます。

リウマチや神経痛の緩和

βグルカンは、ホメオスタシス(生体の恒常性維持)の働きにより、リウマチや神経痛の痛みを抑える効果があります。

アトピー性皮膚炎の改善

豊富なミネラルとβカロテン、ビタミンAなどによる活性酸素を除去する働き、SOD活性の効果により アトピー性皮膚炎等のアレルギーに有効です。

チャーガ(カバノアナタケ)はガンには効果があるの?

ロシアの研究者や公的機関では「カバノアナタケがガンに効く」と大々的に取り上げていますが、本当なのでしょうか?

人間にとっての万病の素となる活性酸素を分解する働き、リグニンによるガン細胞の攻撃抗体であるマクロファージの活性化があるため「ガンに効果的」と言われているようです。 16世紀頃から、ロシアや東欧では、チャーガ(カバノアナタケ)を民間療法で利用してきました。

1956年、ガン治療用のチャーガはガンの毒性低下剤であるとしてソビエト保健省から承認されることになったのです。

レニングラード第一医科大学のチャーガ研究では 抗腫瘍、抗ウイルス、抗寄生虫効果といった医学的な有効性が発表されました。

また、カバノアナタケに含まれる水溶性リグニンという白色腐朽菌により、HIV(エイズ)ウィルスの増殖を抑制する効果があることが、実験で明らかになったことが報告されています。

チャーガを始め、アガリクス、霊芝、メシマコブ、などキノコ類に免疫賦活作用のあることが除々に解明されています。 人間は誰でも免疫力を持っていますが、生活習慣の乱れ、過剰な活性酸素の発生により悪影響を及ぼすので注意が必要です。 活性酸素が体内で増えると、強い毒性により正常細胞を傷つけて、ガン発症の原因となります。

チャーガ(カバノアナタケ)を摂取すると、体質の改善が進み、免疫力が高まり、ガンをはじめとする生活習慣病を予防してくれる効果が期待できます。

最近の医学の分野では、免疫力を強化することはガンや肝炎などの生活習慣病を治療する動きがあると分かっています。

ただし、チャーガ(カバノアナタケ)を摂取することはあくまでも免疫療法の一つです。 日頃の食事、ストレス、喫煙、運動不足など生活習慣の全体を改める必要があります。

チャーガの抗酸化作用はキノコ類のなかでは抜群に優れており、チャーガに含まれるSOD(活性酸素除去酵素)の量は1グラム中35,000単位です。 ガン患者に人気のアガリクスでも1,500単位ですから、チャーガはその20倍以上の抗酸化作用をもっていることが分かります。 チャーガ(カバノアナタケ)には活性酸素を消去する抗酸化作用が強いですが、残念ながらガン細胞を攻撃する働きはありません。 チャーガ(カバノアナタケ)を摂取すると、人間が本来持っている自然治癒力を高めることができ、病気にかかりにくい健康な体を作ることができます。

結果的に、ガンや生活習慣病やアレルギー疾患など多くの病気から体を守ることができるというわけです。 チャーガ(カバノアナタケ)は医薬品ではありませんので、

「摂取するとがんが治る」といった魔法の薬ではありませんので注意しましょう。

チャーガ(カバノアナタケ)の美容効果

ここからは、チャーガ(カバノアナタケ)の美容効果を見ていきましょう。

美肌効果

チャーガ(カバノアナタケ)には血流を良くして、血液をサラサラにしてくれる効能があります。 血行が良くなることで、皮膚表面の抹消血管の血流を良好にして、肌にハリ、ツルツル、スベスベの肌になり、美容効果が期待できます。

アンチエイジング効果

活性酸素は体をサビつかせて、肌にシワやシミ、くすみといった老化を進行させます。 チャーガに含まれるSOD酵素は、活性酸素を撃退して若々しさや肌のハリ、ツヤを取り戻してアンチエイジング効果も期待されています。 チャーガは毛細血管の血流を正常にする作用もあるため、抜け毛予防にも役立ちます。 血管内の老廃物を除去し、血液内の栄養素を各細胞を通じてリンパ管へ送り込み、新陳代謝が良くなります。

ダイエット効果

チャーガに含まれるβ-D-グルカンと食物繊維の働きにより、体の代謝機能が活性化します。 脂肪の燃焼もスムーズになり、ダイエット、肥満予防に役立ちます。 チャーガを摂取すると、血行が良くなり血液がサラサラになるため、皮膚表面の末梢血管の血流が良くなり、代謝アップに繋がります。 熱の生産量が増えるため、太りにくく痩せやすい体質になれるのでダイエット効果が期待できます。

チャーガ(カバノアナタケ)の口コミ・評判

ここからは、チャーガ(カバノアナタケ)を摂取して 改善された口コミや評判を見ていきましょう。

● 花粉症の予防・改善 ● アトピー性皮膚炎の予防・改善 ● アレルギー性疾患の予防・改善 ● 免疫力の強化作用 ● 活性酸素の除去作用 ● がんの予防と改善 ● エイズやインフルエンザの抗ウィルス作用 ● 心臓病・心筋梗塞・脳血栓の予防・改善 ● 糖尿病の予防と改善 ● 慢性肝炎と慢性腎炎の改善 ● 心臓病、心筋梗塞と脳血栓の予防・改善 ● 血圧の正常化作用 ● 滋養強壮と不老長寿 ● 便秘の予防・改善 ● 喘息や痔の予防・改善 ● 消化促進作用 ● 原性大腸菌 ● ストレスなど自律神経系 ● 骨粗鬆症の予防効果 ● 骨を丈夫にする ● 高脂血症、虚血性心疾患、慢性肝炎、腎炎の予防・改善

チャーガ(カバノアナタケ)の摂取方法は?

カバノアナタケ(チャーガ)は、お茶やサプリメントから摂取することができます。 ロシア産は高級品のため非常に希少であり、実際に良品を個人で入手することは困難です。 日本では北海道産が見られますが、良品はほとんどない言われています。 個人で入手した場合は、高温で10から20時間ほどの減菌処理が必要となります。

チャーガ(カバノアナタケ)の煎じ方

ここでは原材料からカットされたチャーガの煎じ方について見ていきましょう。

▼チャーガ(カバノアナタケ)の煎じ方 ?土瓶に水500mlに対してチャーガ粉末2g(1リットルは4g)を水の状態から入れます。

● 強火で沸騰させます。 ?沸騰したら弱火で200mlになるまで煮出します。

(ここまでは土瓶の蓋は外しておきます)

●火を止めたらそのまま8~10時間蓋をして放置します。 お茶の色は煮出せば煮出すほど濃くなってきますが、適度な濃さは薄めのウーロン茶程度です。 思った以上に濃く出ることがあるので、最初は少なめに量を加減しながら作ってみましょう。 適当な時間と飲みやすい濃さは作りながら決めて問題ありません。 濃いめが好きな方は長い時間煮出して、お年寄りやお子様には薄めにするなど適度に調節しましょう。 粉砕してチャーガティーをつくる際は以下のやり方を参考にしてみてください。

▼チャーガ(カバノアナタケ)を粉砕してチャーガティーをつくるやり方 ?チャーガを小さく砕き、なるべく細かくカットします。 煎じて一番よく出る形(六角形、ロシアンカット)が良いでしょう。 チャーガはとても硬いので包丁を使う際は、十分に注意してからカットしてください。

●細かく砕いたチャーガ約5gを市販のティーバッグに入れます。
●お鍋に2リットルの水を用意し、チャーガが入っているティーバッグを入れて煮出します。 ?強火で一度沸騰させます。 沸騰するまではヤカンから目を離さないようにしてください。
●一度沸騰したら、火を弱くして、その後は弱火で10~15分程度煎じます。
●お茶の濃さを見ながら火を止めます。 使わなかったチャーガ(カバノアナタケ)の塊は砕かずに、

通風の良い、湿気のない場所に保管して、袋に期日を書いておきましょう。

チャーガ(カバノアナタケ)の飲み方

チャーガティーは、ロシアではハーブティー感覚で飲まれています。 チャーガ(カバノアナタケ)は健康食品ですので、医薬品のように決まった飲み方ははありません。

1日分は200ml〜500mlを目安に食事中、又は食後に飲みましょう。 持病のある方や、健康志向の強い方は、一日あたり1リットル〜2リットルを食事中又は食後にお飲みください。

お水や、お湯で割って、お茶漬けや、焼酎を割るときにもお使いいただけます。 必要時に煎じて飲むことをおすすめしますが、まとめて1~2リットル作り置きしておいても大丈夫です。

チャーガ(カバノアナタケ)ティーを作り置きしたら2~3日以内に飲みきるようにしてください。 ノンカフェインで子供でも安心して飲めて、

クセがなく飲みやすいのがポイントです。 温かくしても冷やしても飲めますので、冷めたら冷蔵庫で保存しましょう。 普段のティータイム、

私生活の飲料水の代用として健康のためにお茶として定期的に飲むことをおすすめします。

一気に飲むより複数回に分けて摂取しよう

チャーガティーの効果的な飲み方として、まとめて飲むよりも、何回か分けて飲む方法をおすすめします。 一日3食に合わせて飲むと忘れにくく定期的に摂取することができます。

チャーガティーは健康食品ですから、一気に大量に飲んだからと言って、効果が倍増する訳ではありません。 より効果を実感するためには、一度に一気に飲むよりも、

毎日定期的に飲み続けることをおすすめします。

チャーガ(カバノアナタケ)の煎じカスの活用法

煎じた後のティーバッグは捨てずに、臭い消しやお風呂に入れてもお使いいただけます。
チャーガ(カバノアナタケ)の煎じカスは食べても問題ありませんが、そのままでは消化に良くないので避けたほうが無難です。

チャーガ(カバノアナタケ)は副作用の心配なし

チャーガ(カバノアナタケ)は医薬品及び医薬部外品ではありませんので、副作用、毒性の心配はありません。

肉体的疲労や精神的なストレスへの抵抗能力を高める働きのある天然のハーブです。 カバノアナタケ茶はチャーガ茶として昔から健康茶として多くの方に愛用されてきました。

無味無臭で飲みやすいため、つい飲みすぎてしまう方もいるかもしれません。 多く飲んでも副作用はありませんが、排尿されて無駄になってしまいます。

チャーガ(カバノアナタケ)は他のお茶よりも高額なので、一日の量は適当にお飲み頂くことをおすすめします。

サプリメントから摂取する場合も商品の適量を守り、飲みすぎないように気をつけてください。

チャーガ(カバノアナタケ)を避けたほうが良い人は?

チャーガ(カバノアナタケ)に副作用はありませんが キノコアレルギーを持っている方は避けたほうがいいでしょう。

チャーガエキスを濃縮したロシア薬局方指定医薬品の「ベフンギン」というエキスタイプの抗がん治療薬は過敏症も禁忌としています。

ペニシリン及びニトログリセリンを常用している方は、医師に相談する必要性があることも報告されています。

まとめ

今回は、チャーガ(カバノアナタケ)の健康効果、美容効果、副作用や安全性、飲み方についてご紹介していきました。

近年、チャーガ(カバノアナタケ)は私たちの健康に大きく貢献することが様々な研究機関のデータにより明らかになっています。

活性酸素を除去する物質であるSOD様活性物質が 他のキノコに比べて圧倒的に高いことが特徴です。 チャーガ(カバノアナタケ)は健康志向の方はもちろんのこと、免疫力を向上させたい方、生活習慣病を予防したい方に最適な健康食品です。 本場のロシアでは、いつまでも若々しくありたい、美肌を保ちたいといった美容目的で摂取している方も多いようです。

ぜひ、今後の健康と美容対策のためにもチャーガ(カバノアナタケ)を取り入れてみてはいかがでしょうか?

関連記事:
チャーガ健康園はここが違う!-チャーガ健康園

関連サイト:
チャーガ健康園のブログ

関連項目

  1. チャーガブロック

    免疫療法の歴史と進歩にチャーガ(カバノアナタケ)も歩みを合わ…

  2. チャーガ煎茶 樺宝寿

    チャーガを飲んだ方の感想をいただきました!

  3. チャーガ煎茶 樺宝寿パッケージ

    チャーガを知る!飲み方、口コミ編

  4. チャーガのブロック写真 原体1

    チャーガとは

  5. チャーガブロック

    癌に打ち勝つ食事法

  6. チャーガブロックイメージ写真

    チャーガと癌について

良質なロシア産チャーガ茶

チャーガ煎茶 樺宝寿イメージ

チャーガ健康園の7大メリット

  • 送料全国一律無料
  • 消費税込み明瞭価格
  • 返品できます
  • オンライン24時間ご注文受付中
  • 代引き、カード手数料無料
  • 初回に小冊子をプレゼント
  • VIPポイント還元サービス