免疫療法の歴史と進歩にチャーガ(カバノアナタケ)も歩みを合わせて

免疫療法について 

チャーガ(カバノアナタケ)は、免疫力向上など免疫療法のサポートができるキノコ類としてよく知られています。

そして、2018年には本庶拓氏がノーベル医学生理学賞を受賞されましたが、本蔗氏の研究が免疫療法(がん)です。

がん治療といえば、手術、化学療法(抗がん剤)、放射線といったものが主流で免疫療法は、がんへの効果がはっきりしないということであまり重要視されていませんでした。

しかし、医学や科学の発達、また、本庶氏のような優秀な研究者の努力もあってがんにも効果がある免疫療法がどんどん、開発されるようになりました。

チャーガ(カバノアナタケ)はキノコに分類される食品ではありますが、強力な免疫力をもち、あらゆる万病を予防できる物質と期待されています。

そこで、チャーガ(カバノアナタケ)のようなキノコ(カワラタケ)もクレスチンという医薬品であった時代からの免疫療法の歴史を、振り返ってみたいと思います。

この免役療法の発展と歴史を通じて、「免疫力をつけること」がいかに大切であるかがわかってくると思います。

がんと免疫の関係

私たちの体の中には、侵入してきた異物を攻撃して排除しようとする免疫というシステムが備わっています。

異物とは細菌やウイルス、そしてがん細胞も当然、異物です。

毎日、私たちの体に出没するがん細胞ですが、免疫システムがしっかりと作動している間は超音波やCTの画像に映し出されることなく、がん細胞は死んでいきます。

しかし、免疫システムが正常に作動しなくなり、免疫力が低下すると、がん細胞はたちまち大きくなり、画像に映し出されるようになります。

では、免疫は日々、作られるがん細胞をどうやって撲滅しているのでしょうか? 免疫を語るには、白血球という血液の成分を抜きにしては語れません。

白血球はリンパ球、顆粒球、マクロファージなどで構成されています。 そして、リンパ球の中に免疫細胞であるT細胞が存在しています。

T細胞はがん細胞を攻撃し、増殖を阻止します。しかし、T細胞の力が弱まると (免疫力低下)、がん細胞がT細胞にブレーキをかけ、どんどん増殖していきます。

従って、T細胞が常に活動的であること、つまり、常に免疫力が一定以上のレベルを保ち続けることでがん細胞の発生、増殖を阻止できるというわけです。

そのT細胞を元気にする方法は、時代と共に変遷しています。 免疫療法は抗がん剤や放射線などと比べ、「副作用は抑えられても効果は今一つ」といわれていた不遇の時代が長くありました。

しかし、研究が進み、がん免疫療法がどんどん進化していきました。 これから、免疫療法の変遷履歴を感じ取っていただきます。

チャーガ(カバノアナタケ)の「免疫力向上」という作用がいかにすばらしいことか、おわかりいただけると思います、

ガン免疫療法の変遷

がん免疫療法は、時代の流れと共に第一世代から第四世代へと大きく移り変わっていきます。

○第一世代:1950~1970年代 この世代は体内の免疫力を強化させ、がん細胞を撲滅しようとする免疫賦活療法でした。

大体、1960年ごろから始まりました。クレスチン(カワラタケ)や丸山ワクチン(原料:結核菌)がここに分類されます。

クレスチン(のち、製造中止となる)は抗がん剤として承認されましたが、丸山ワクチンいまだに承認されてはいません。

しかし、 現在も多くのがん患者さんが使用しています。 ○第二世代:1980年代 ガン免疫療法としてサイトカイン療法が主流でした。

サイトカインとは細胞から分泌される生理活性物質(タンパク質)の総称です このサイトカイン(インターフェロンやインターロイキンなど)は、免疫細胞を活性化させる働きがあることわかり、

サイトカイン療法が開発されました。 ○第三世代:1980年代 この頃になると、さらに研究が進み、リンパ球の数を増やすことで免疫力を向上させることができるようになります。

このがん免疫療法を活性化リンパ球療法(LAK療法、NK療法)といいます。

がん患者さんの血中からがん細胞を攻撃してくれるT細胞やNK細胞をもったリンパ球を取り出します。

そのリンパ球を体の外で育てて(活性化)から体内に戻します。このようにしてリンパ球を増やしますが、デメリットもあります。

この免疫療法はリンパ球の全体量を増やすのみで、がん細胞に狙いを定めているわけではないのでがん細胞を見落とす危険性があります、

今までご紹介しました第一~第三世代の免疫療法は、ガン細胞自体に狙いを定めたのではないことから「非特異的免疫療法」といわれています。

ただ、活性化リンパ球療法は副作用が出にくく、体調が悪くても施行することができます。 がん患者さんの免疫力向上にも効果があるということで、適用範囲が広いというメリットもあります。

いよいよ、第四世代では、がん細胞に狙いを定めて治療ができる免疫療法(特異的免疫療法)が登場します。

○第四世代:1990年~現代 ここで2018年、ノーベル医学生理学賞を受賞された本庶拓教授の研究が登場します。

これまでのがん免疫療法は不確かな部分が多いとされていました。しかし、研究者の頑張りもあって不確かな免疫療法から確かな免疫療法へと変わっていきました。

ここに分類される免疫療法はいくつかありますが、ノーベル医学生理学賞受賞の本庶教授の研究を簡単に解説いたします。

免疫チェックポイント阻害薬 免疫システムはいつも良い按配に作動してくれていれば何の問題もないのですが、

弱くなるとがん細胞が出現、強すぎるとアレルギー性疾患、リウマチなどの自己免疫疾患に罹患しやすくなります。

そのため、私たちの体は免疫を強めるだけでなく、抑える装置も備えています。 がん細胞はその抑える装置のほうを狙います。

免疫細胞のT細胞には免疫チェックポイントといわれる受容体があります。

その免疫チェックポイントは異物を攻撃しないように、つまり、免疫を抑えるようにという命令をT細胞に出します。

その受容体にがん細胞が結合することで、T細胞はがん細胞を攻撃しないようにという命令を受けたことになり、T細胞はがん細胞への攻撃をやめます。

これを機に、がん細胞は勝ち誇ったようにどんどん、増殖していくわけです。 このことから、がん細胞が免疫チェックポイントに結合することを阻止すると、

T細胞はがん細胞への攻撃がしやすくなるという理論になります。 本庶教授は、このような研究から免疫チェックポイント阻害薬を開発しました。

最近、よく話題になる薬のオプジーボはこの研究を基に開発されました。

カバノアナタケが免疫療法をサポート

免疫療法の第一~第四世代をみて、どんな場合でも、また、研究がどんなに進んでも、

私たちが持っている免疫細胞の存在いかに重要であるかということが、おわかりいただけたのではと思います。

新しい免疫チェックポイント阻害薬でさえも、私たちが体内に持っている免疫細胞の存在が大変、重要なのです。 免疫細胞の数が多ければ多いほど、

がん細胞と闘うことができます。 免疫療法でも、手術、放射線、抗がん剤の治療でも免疫力をアップさせておくことでその成功率も高くなります。

がん治療のためにカバノアナタケの使用で免疫力を底上げしておくことが可能です。

まとめ

ふだんからカバノアナタケなどで免疫力を上げておくことが、いかに重要かということを今回の解説でも十分御理解いただけたのではないでしょうか。

また、免疫向上ががんの予防に有効というだけでなく、がんになってしまった場合でも、免疫療法を初めとするがん治療の効果を上げることにつながることになります。

チャーガ関連情報1

チャーガ関連情報2

チャーガ関連情報3

関連項目

  1. チャーガ煎茶 樺宝寿パッケージ

    チャーガを知る!飲み方、口コミ編

  2. ソリジェニツイン

    チャーガの歴史

  3. チャーガ茶 ティーバックイメージ写真3

    チャーガで癌に打ち勝つ七条

  4. チャーガはコヒーや紅茶と併せても良し

    チャーガに関する様々な疑問を解決します

  5. チャーガとその他 抗酸化力の比較図

    チャーガの成分

  6. チャーガ原体  白樺茸

    がんに対処する食生活

良質なロシア産チャーガ茶

チャーガ煎茶 樺宝寿イメージ

チャーガ健康園の7大メリット

  • 送料全国一律無料
  • 消費税込み明瞭価格
  • 返品できます
  • オンライン24時間ご注文受付中
  • 代引き、カード手数料無料
  • 初回に小冊子をプレゼント
  • VIPポイント還元サービス