ガンに関する疾病情報

日本は先進国で唯一がん患者が増えています。

欧米先進国ではがん治療も日本(抗がん剤、手術、放射線治療)とは違い代替療法またはその他の治療法を用いて死亡率が低下しています。

ガンは不治の病ではなく食事療法や精神面のケアにより改善することは世界中で多くの方が実践され快復することは周知の事実となっています。

チャーガもロシアの一地方のチャーガによるがんの効果を知ったノーベル賞作家によって世界に知れ渡ることとなりました。

また5300年前のミイラ・アイスマンの携帯品からチャーガが見つかり、すでにそのころから飲まれていたことが分かっています。

日本でもアイヌの人が昔から飲んでいたようです、現在はロシアやアメリカ、ヨーロッパでもスーパーフードとして多くの人から飲まれるようになりました。

ここ日本でも最近多くのメディアに取り上げられるようになって多くの方に知っていただけるようになってきました。

ガンは食事と運動、ストレスを溜めないなど日々の生活に留意すれば健康でいられます。

今からでも癌に関する情報を集めてガンにならない健康法を実践し予防から始めてはいかがでしょうか。

あなたの毎日の健康維持にチャーガをお役立てください。

癌のメカニズム

▼ 胃がん▼ 大腸がん▼ 肝臓ガン
▼ 胆道がん▼ 食道がん▼ 肺がん
▼ 舌ガン▼ 咽頭ガン▼ 喉頭ガン
▼ 甲状腺ガン▼ 乳がん▼ 脳腫瘍
▼ 骨肉腫▼ 膀胱がん▼ 胆道がん
▼ 前立腺がん▼ 子宮頸がん▼ 子宮体ガン
▼ 皮膚がん▼ 白血病▼ 卵巣がん

癌について

▼ ガンのメカニズム▼ 胃潰瘍のガン
▼ 乾癬と内臓疾患▼ ガン(抗腫瘍活性)

ガンにならない健康法

ガンにならないようにするには日頃から身体に気を配ることも大切です。
チャーガ健康園がお勧めするガンにならない7カ条をおためしください。

チャーガで癌に打ち勝つ七条

癌にならないようにするには日々の安全な食事や運動は欠かせません、食事は添加物の多い食品などは避けなるべく自然なものを口にするように心がけましょう。野菜に付着した農薬は水やお湯で落としてから調理したり、魚にしても養殖よりは天然ものを選ぶようにしましょう。肉も米国産は餌に有害なものが多く含まれています。
特に小さいお子様には体への負担が大きくアレルギーを発症したり、病気のもとになりかねません。

食品で特に注意が必要と言われてる10食品は以下になります。

①ポテトチップス  アクリルアミドがWHO規定の500倍検出
②マーガリン  トランス脂肪酸
③養殖サーモン チリ産 ノルウェー産など 餌に抗生物質などが含まれている
④ガム ノンカロリー食品  発がん性のある人工甘味料が含まれている
⑤ハム いくら たらこ 亜硝酸塩が含まれた食品
⑥グミ、ソフトキャンディ、アイス、豆乳、乳製品、ジャム、菓子パン、カップ麺、ケーキ 増粘多糖類が含まれた食品
⑦コンビニ弁当  大量の添加物 
⑧加工肉 保存料や添加物が多い
⑨ポップコーン レンジでチンするものはペルフルオロオクタン酸という毒性があるものが塗装されている
⑩トマト缶 缶詰の内部には、BPA(ビスフェノールA)と呼ばれる人体に有害な化学物質が使われている、トマトは酸が強いことからこのBPAが溶け出し、食品に直接混入する危険性がある

これらはほんの一部の食品にすぎません、日々私たちが口にするものです、これら発がん性のある食品は皆様にも広く認知されるようになっています。
癌にならないよう日々の食事には気を付けたいものです。

ガンの特徴と症状

胃がん  塩分の多い食事と関係が深いのです
食道がん  お酒を飲む地域ほど注意
肝臓癌   B型、C型肝炎から発症
肺がん   煙草を吸う方はご用心
乳がん   女性ホルモンのバランス変化
前立腺がん 高齢になるほど増加
大腸がん  食物繊維をとることが要です

その他の疾病

抗酸化作用・SOD
C型肝炎
●上顎ガン
●精巣ガン
●尿管癌
●急性リンパ性白血病
アトピー性皮膚炎
高血圧
胆のうがん
胆管ガン
エイズ

癌の原因

癌の原因は様々な説がありますが、その一部をご紹介します。

今でもドイツのウィルヒョウ博士(1821年~1903年)『ガン発生刺激説』は有力な説とされています。

それは常に特定の刺激が長期間、決まった場所に繰り返されて加えられると、その部位にがんが生じるというものです。

これを証明するかのように1915年に東京大学教授の山際博士と市川博士の両氏がウサギの耳にコールタールを1年間塗り続け人工的にがんを作ることに成功しました。

コールタールはその後成分解明が行われ1256ジベンツアントラセンと34ベンツピレンが発見されました。

これはたばこや焼き魚、トーストの焦げの中にもあるとされ話題を呼びました。

物理的には放射線を扱う職業の人に多い白血病や鉱山で働く人に肺がんの発生率が高いのも職業病としてこの刺激を裏付けることができます。

食品についても加工食品や半加工食品などのインスタント食品が食卓を占め、農薬で育った野菜、運動不足、環境汚染,過労、ストレスといったものが影響を与えます。

また発がんには活性酸素が関与しています、日頃から抗酸化の食品を摂取してがんを近づけないようにしましょう。
大豆製品、アボカド、トマト、香味野菜、ナッツ類、ごまなどが有効です。
またチャーガにも強力な抗酸化力が認められています。

現代人の生活の中には癌の発生と切っても切れないほど危険が身近にあります。
だからと言って過度に敏感になりすぎるのも良くありません、日頃から適度に
健康に良いものを食べるようにしましょう。

癌になってから慌てて準備し苦しい思いをしないように今から癌にならないように心がけたいものです。

食事療法

癌に対処する食生活
βグルカンが癌を攻撃サポートする

弱った体内組織にウイルスや発がん物質が侵入すればウイルス性疾患やガンを発病させます。
外部からの発がん物質には食品や紫外線、たばこと様々です。実際にウイルスや発がん物質が侵入しても発病しないのは体内のSODや好中球などの顆粒球とT細胞、B細胞、NK細胞などのリンパ球、癌細胞を捕食するマクロファージのおかげです。

癌細胞を破壊するキラーT細胞やNK細胞 抗体を作って攻撃するB細胞、さらにキラーTとB細胞を支援するヘルパーT細胞などの免疫細胞が発がん物質と戦っています。

この免疫細胞を活性化させるのがβグルカンと呼ばれる物質です。βグルカンの豊富な食品を日々体内に補いガンの芽を摘んでいくことが大切です。

キノコ類にはβグルカンは豊富に含まれています。

食品の50℃洗いについて

50℃のお湯をためて食品を洗う50℃洗いが最近注目を集めています。
注意点:50℃より±3度まで 43度以下の場合は雑菌が繁殖しやすくなる。

この50℃洗いのメリットとは何なのでしょうか?

①鮮度が蘇る
ヒートショックにより失った水分を取り戻し、鮮度が蘇ります。

②野菜は日持ちがよくなる
50℃の熱で多くの腐敗菌が死滅します。何もしない際の10分の1程度しか繁殖しません。

③アク、臭みが取れて甘みや旨みがアップ
洗うだけで臭みが取れ、アク抜きも不要になるものもあります。
50℃で活性化する酵素が働きはじめ、熟成されよりおいしくなる。

④表面の汚れや酸化物がよく落ちる
野菜についてる泥も落としやすくなり、害虫も落とせる
肉や魚は表面の酸化物質がとれ、50℃で旨みが流れることはないので
旨みを残したまま安全なものが食せるようになります。

水道水について
また水道水も注意が必要です、水道水に含まれる塩素やトリハロメタンをできるだけ除去していきましょう。トリハロメタンは発がん性物質で中枢神経や内臓の働きに影響を及ぼします。
またアトピー性皮膚炎やぜんそくの悪化にもつながります。

簡単な除去方法は浄水器を取り付けたりするかもしくは水道水を15分以上煮沸するとトリハロメタンは消失することがわかっています。
または容器に水をためて放置するだけでも塩素は減ってくれます。

水はペットボトルのミネラル水で大丈夫と思われている方も実はペットボトルのプラスチック容器に危険が潜んでいるといわれていますし水質基準も水道水よりも甘い基準と言われており大手S社から販売されている『南○○の天然水』も山梨県のウィスキー蒸留所の地下70メートルからくみ上げた井戸水を容器に詰めているといわれています。

毎日摂取する水や食品は安全で安心なものを口に入れるようにしたいものです。

抗がん剤は無力  デヴュタ証言

1985年 アメリカ国立がん研究所NCIのデヴュタ所長が米議会で『抗がん剤による化学療法は無力だ』と証言しました。

『抗がん剤を投与すると一部の患者には腫瘍縮小がみられる、しかしがん細胞は自らの遺伝子を変化させ、抗がん剤の毒性に耐性を獲得してしまう。
だから抗がん剤はがん細胞に対して効力を失う。癌患者はただ抗がん剤の毒性を被るのみだ、わたしは深く絶望している。』

この重大証言は米国で最も権威のある研究機関の発表です。

船瀬俊介著『日本の真相』より抜粋

ヴィンセント・デヴィータ-WIkipedia

すでに30年以上も前に抗がん剤の効果を疑問視する調査結果が発表されています。

また2017年4月27日、日本でも厚生労働省による発表では75歳以上のがん患者には抗がん剤の効果は限定的であるとの発表がニュースでありました。

抗がん剤治療の効果調査へ 延命効果検証-毎日新聞

抗がん剤はもとを辿ると戦争兵器であったものが薬として利用された歴史があります。

欧米では現在の日本で行われている3大療法ではなく代替療法が主流です。

新潟大学の安保徹教授によると癌を治す方法として3つのことを挙げています。

『笑うこと』『食事を改める』『体を温める』

これらはがん細胞を退治してくれるNK細胞を活性化することにつながります。

癌は自身の免疫で自然治癒力を高めていけば治せる可能性が高まります。

抗がん剤を受けるか迷われてる方は是非セカンドオピニオンを受けたり様々な
情報を収集されることをおすすめします。

日本は先進国で唯一がん患者が増えています、そして抗がん剤でガンが良くなったという話はほとんど聞かれません。

一旦ガンが小さくなったように見えますが、90%の方が再発して完治はしません、癌は医療機関で治療を受けないと治らないと思わされているだけかもしれません。

小さい進行性の癌であれば手術などで効果を発揮しても、がんの種類によっては適切な治療が日本では受けれていないのが現実です。

それだけ専門性の高い病なのに日本では欧米のように専門家が治療をしていないということなのです。

まずは食事を安全なものへ改善し適度な運動、そして会話や楽しい時間を設けて笑って笑顔をつくる、ご自身が楽しめる趣味に没頭する、免疫が下がらないように体温を上げる飲食や厚着など工夫をする、などなど様々なちょっとしたことからでも始めて癌にならないよう日常生活を見直してはいかがでしょうか。

本来私たちに備わってる免疫力を信じ自然治癒力を高めていきたいものです。

がんは末期発見が望ましい

”癌は末期発見が望ましい”現在私たちが耳にするのは”癌は早期発見が望ましい”はずですが、その真逆の説を唱える近藤誠医師(元慶応大学病院)によると医療機関ががんの早期発見をしてしまうと手術や抗がん剤治療を始められますが末期であれば手遅れと判断して治療を断念してくれるということの様です。

実際この日本ではがん患者の多くの方が3大治療を受けて満足する治療結果が得られず苦悩されています。

チャーガ健康園にも多くのこのような患者さんのご家族からご相談のお電話をいただきます。

医師から治療を見放されたほうが延命の可能性があるのでないかと多くの方とのお話から感じます。不謹慎かもしれませんが私どももステージ4の末期がんになられて良かったですねとお伝えすることもしばしばあります。

近藤医師も以下のように出版書籍のなかで言われています。

”現実問題として、無症状でも癌が発見され、医者に告知されたら治療を断ることは難しい。しかし治療を受ければ、寿命を縮める可能性がある。この二律相反状況ないし引き裂かれる思いは解決困難です。そうした相反状況に陥らない、唯一の予防策は無症状のときに検査を受けないことしかない。”
(近藤誠著 抗がん剤だけはやめなさいより引用)

近藤医師のいわれることがすべて正しいとは言えませんが治療法の選択肢の一つには加える価値はあるのではないでしょうか。

がん治療を受けるかどうかの判断は難しいことです、治療を受ける受けないはご自身やご家族で情報を収集して判断するしかありません。

また海外(欧米)の現在のがん治療(代替療法)にも目を向けてください。
日本の治療法が20年以上遅れていることが見えてきます。

過度のストレスと病の関係

過度のストレスも免疫バランスを崩す重大因子です。ストレスを感じると、私たちの体は故意に免疫力を下げます。

なぜならストレスの原因になっている目の前の敵と戦う力を確保すべく免疫系に送るエネルギーを大幅に削減してしまうからです。

これにより、体の中では免疫の要である組織(胸腺とリンパ節)の萎縮が起こり一方でホルモン系を介しても免疫力の低下が促されます。こうした状態が長く続くと体は病原菌に対して無防備となり、病気が発生しやすくなります。

例えば人生最大のストレスである配偶者の死、特に男性は妻との死別で免疫力が顕著に下がる例が多くイギリスの調査では妻を亡くした4484人のうち213人が半年以内に死亡しました。

まさに『病は気から』ということになります。

そのような大変な時でも気分を楽しくさせ、免疫をアップするには、趣味に没頭したり友人や知人との会話を楽しんだり、楽しく笑えるテレビや映画を見たり、辛く苦しいことに意識を集中せず、気分をリフレッシュする練習を自分自身でする、そんな工夫が必要です。

ペットの犬や猫をかわいがったり、近くの公園に散歩をしたり、普通の日常の中にもたくさんストレスを開放することができます。

自身の身の回りのちょっとしたことに喜びを見つける訓練をしてみてはいかがですか。

ロシアでのチャーガを使用したがん治療

ロシアでは1955年のソビエト時代にソ連保険省薬事委員会が認可しチャーガを錠剤や筋肉に直接接種するものなど様々な調剤が作られてきました。ロシアでは自然生薬を使った医療が本格的に施行されており一定の結果も出しています。
またアメリカでもチャーガを使った医薬品の研究がおこなわれています。

一方日本でのがん治療は未だに3大療法が主流で、その他の治療法は一般的には多くの患者さんが納得のいく結果を得られないにも関わらず受け入れられていません。情報が病院からの一方的なものであり、多くの場合は選択の余地すらありません。
多くの方が医師に意見をすることをためらい、一方的に不安を抱えながら治療を始めます。完治すればいいのですが、そうならないケースも多数あるようです。

ロシアや欧米先進国のような様々な治療法が日本でも進んで取り入れられる日を待ち望みたいと思います。

腸内環境と免疫機能

腸は最大の免疫器官と言われています。かぜやインフルエンザをはじめ癌などの
病気から身を守るために大切なのがいかに免疫力を保っているかということです。

その免疫力に大きく関係するのが腸内フローラと呼ばれる腸の細菌の集まりです。

この腸内フローラをいつもいい状態に整えるには食生活が重要となってきます。
食物繊維、油、水分、乳酸菌、ビタミンB群などが腸にはいいと言われていますが中でも食物繊維は腸内フローラに大きな影響を与えています。

そしてその食物繊維は水溶性と不溶性の2種類があります。

水に溶けてゲル状になる水溶性は、糖質の腸管からの吸収を穏やかにして血糖値の上昇を抑える働きがあるのもわかっています。血糖が気になる人がチャーガを飲んでいると正常値になるのは、うなずけます。

バナナ、リンゴ、イチゴなどの果物、ごぼう、おくら、などの野菜、寒天、ヒジキ、昆布、わかめなどの海藻類がこれに当たります。

そして、不溶性は水に溶けず、胃や腸で水分を吸って膨らみます。ごぼう、タケノコ、レンコン、などの野菜、インゲン、大豆などの豆類、きくらげ、シイタケなどのキノコ類です。

チャーガは水溶性の食物繊維が豊富です。水溶性は大腸で腸内細 菌のエサになり善玉菌を増やし腸内環境を整えてくれます。

腸内環境を整えることこそ、免疫力を高める事でもあります。

免疫力を高めておくだけで、かぜ、インフルエンザから身を守り、癌からも身を守ってくれます。

健康維持の秘訣・・体をアルカリ性に保つ

人間の体は弱アルカリ性に保つのが最も健康な状態です。体がアルカリ性になるとほとんどの病原菌が死にます。彼らは酸性でしか生きられないからです。食生活の乱れなどで酸性に傾くと病気になる確率は上がります。

それでは体を弱アルカリ性に保つにはどうしたらいいのでしょうか。

  • 梅干し
  • クエン酸水
  • 重曹水
  • 甘いものを控える
  • 深呼吸をする
  • 腹6分目までの食事
  • ストレスをため込まない
  • などなど

ごく一部をご紹介しました。特に癌の方にはご参考になればと思います。食事を工夫するだけでも癌細胞は消滅するといわれています。そして世界中で多くの方が実践し社会復帰を果たしています。

がん治療を始める前に

日本で行われているがん治療は世界から見れば30年も時代遅れの治療法です。
その他先進国では安全な治療法が推奨されています。ご自身の命を守るためにも医師から受ける一方的な情報だけでなく、様々な角度からも情報を得る一助になればと思います。
あなたやあなたのご家族が手遅れになる前にご参考までにご覧ください。

がんの基本知識-チャーガ健康園
腫瘍マーカーが高いそれってがんの証明?-チャーガ健康園

腫瘍マーカー | 健康支援センター 検査 | 一般社団法人 福山市医師会
腫瘍マーカーの値だけでは、「がん」かどうか分からない?|日赤和歌山情報局 Hot(ほっと)|日本赤十字社 和歌山医療センター

関連項目

  1. チャーガティー中身とチャーガブロックの写真

    免疫について

  2. マースレニコフ博士

    マースレニコフ博士

  3. チャーガ健康園のチャーガティー

    肝臓病の生活と食事

  4. 健康に留意 チャーガ健康園

    心臓病を悪化させる病気

  5. チャーガ健康園のチャーガティー

    チャーガ煎茶 樺宝寿 焼酎割り

  6. チャーガ煎茶 樺宝寿パッケージ

    癌の特徴と症状

良質なロシア産チャーガ茶

チャーガ煎茶 樺宝寿イメージ

チャーガ健康園の7大メリット

  • 送料全国一律無料
  • 消費税込み明瞭価格
  • 返品できます
  • オンライン24時間ご注文受付中
  • 代引き、カード手数料無料
  • 初回に小冊子をプレゼント
  • VIPポイント還元サービス